コレナレ!お役立ち情報!
生活

革製品の雨の対策方法!濡れた時の対処法もご紹介

Leather bag

革製品は雨に弱いですが、適切な手入れ方法を知っておくことで長く楽しむことができます。

手入れの方法を知ることで雨に不安を感じることもなくなるでしょう。

ここでは、事前の対策法、濡れた時の手入れの仕方、シミの取り方になどについて解説します。

 

雨の時の革製品の対策

革製品は雨に弱いことはよく知られていますが、急に雨が降ってきた場合にはどうしようもないと思ってしまいます。

しかし、革の天敵の雨にも事前の対策方法があります。その対策法が防水スプレーを利用することです。

革に付いている汚れを綺麗に取り除いたら、2~3センチ離してスプレーします。

30分程度して乾いたら、もう一度スプレーすることで雨対策完了です。

財布などならバッグに入れているので防水をする必要がないかもしれませんが、革靴やレザーバッグ、ジャケットなどは雨に濡れる可能性が高いので事前対策をしておきましょう。

 

革製品が雨に濡れた時にはどうするの?

防水対策もしていない革製品が濡れてしまうとショックを受ける人もいるでしょう。それが高いブランド品の革鞄ならなおさらです。

そんな雨に濡れてしまった革のケアでは、まず水分を拭き取ることが大切です。革には牛革や馬革、豚革など様々な種類がありますが、どの革でもまずは水分を拭き取ります。

拭き取るといっても擦るようにすると革を傷めるので、軽くたたくような感じで水分を取り除きます。

革は水に濡れると型崩れしやすいので、専用のクリームなどを塗りながら形を整えて、乾いたタオルや新聞紙などを詰めて乾燥させます。

乾燥させるときにはドライヤーなどは使わず、風通しの良い場所で陰干しをします。

革の油分が失われている時には保革油を塗ると良いでしょう。

 

雨で革製品にシミができてしまった時の対処法

濡れた後の手入れが悪いと皮製品はすぐにシミになります。シミができた時にはどうしたらいいのかと悩んでしまいますが、水に弱い革では完全に取り除くのは難しいです。

シミができた時にはシミ抜き業者に任せるのが最も良い方法でしょう。プロに任せることで納得の仕上がりにしてくれます。

自分で何とかしたいときには、一度水に濡らすのも良い方法です。水に濡らすことで染料が均一になり目立たなくなります。

自分でケアしたいときにはタオルなどを濡らしてシミの付近を拭いて目立たなくしてみましょう。

 

革製品は雨に濡れるとなぜ硬くなるの?

なぜ革は水に濡れると硬くなるのかと疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。

革の柔らかさや手触りがあるのは、革の中に油が含まれているからです。その油が水に濡れることで失われて硬くなってしまいます。

そのため、水に濡れた時には油が失われないように早く拭き取ることが大切です。

 

革製品が雨で表面だけでなく中まで濡れた時にはどうするの

革は雨に濡れて乾燥すると硬くなってしまいます。

表面だけなら水を拭き取ればよいですが、中まで濡れてしまうと水を完全に拭き取ることができず硬くなってしまうでしょう。

革が硬くなるのは、革に含まれる油分にムラができるためです。

そのため完全に乾いてから布にクリームをつけて油分を補うことで柔らかさを取り戻すことができます。

硬くなった革を無理に柔らかくしようとして手で戻すと革が傷んでしまうので、油を与えることを考えるようにしましょう。

 

まとめ

革は水に弱いですが、事前対策をすることでシミになやまされない状態にすることも可能です。

濡れてしまった時には、できるだけ早く水分を取り除いて適切な手入れをしましょう。

良い手入れをすることで長く革製品を楽しむことができます。

 

 

関連記事