コレナレ!お役立ち情報!
趣味

縄跳びの長さ調整の仕方!選び方もご紹介

Jumping rope

縄跳び(なわとび)の長さの目安が気になりますが、適切な調整の仕方があります。

適切な仕方で調整することで、楽しみやすくなります。

ここでは、調整の仕方、購入時の選び方などについて紹介しますので、悩みもすぐに解消できるでしょう。

 

縄跳びの長さの調整の仕方

子供に縄跳びをさせたいと思っても、長さが大人用では長過ぎて、長さの調整の仕方を知りたい人もいるでしょう。

調整の仕方は、両足で縄を踏んで、両ヒジを90℃に曲げて開いたときに丁度良い長さにします。

この時は、付け根付近で持つ、縄のたるみがないようにします。

縄跳びの長さの調整の仕方は他にもあり、

  • 身長に55cm足した長さ
  • 片足で縄を踏んで、みぞおち~おへその間に付け根がくるようにする
  • 縄を伸ばして脇の下までの長さにする

などの調整の仕方もあります。

二重跳びの練習がしたいと言い出したときには、むずび目を少しずづ増やして短めにします。

上手く長さを調整することは、縄跳びのしやすさにもつながります。

 

子供用の縄跳びは長さと同じくらい素材も重要

購入時は、使われている素材にも気を付ける必要があります。

そのため、子供の意見だけでなく、大人が見て良いものを選ぶことが大切です。

紐の素材には、ロープやビニールタイプがありますし、持ち手も木製とプラスチック製があります。

ロープタイプはゆっくり跳べるので幼稚園児や保育園児におすすめで、小学生くらいになるとビニールタイプの紐の方が良いでしょう。

木製の持ち手は汗をかいてもすっぽ抜けの心配が少ないですし、プレスチック性は軽いのが特徴です。

使われている素材にも注目して良い商品を選びましょう。

 

縄跳び長さ調節で失敗をするとどうなる?

短過ぎると高く跳ばなければいけなくなりますし、長過ぎる方が短過ぎるよりは良いですが、長過ぎると床から縄が跳ね返るという「縄ハネ」が起こります。

この「縄ハネ」で引っ掛かる原因となります。

どちらにもデメリットがあるので、調整の仕方を知って適切な長さにすることが大切です。

 

子供の縄跳びの長さはこまめに調整をしよう

子供は大人とは違い、日々身長が伸びていることからも、紐の長さを定期的に調整して上げることが大切です。

定期的に長さ調整をして適正な長さにしておくことで、子供も苦手意識を持つことも少なくなり、楽しく遊ぶことができるでしょう。

 

縄跳びの長さを調整した後に使わなくなったら寄付しよう

クラウドファンディングを見ると、ネパールなどの子供達に縄跳びの楽しさを教える活動をしている人もいます。

このプロジェクトでは、資金調達だけでなく、使わなくなった縄跳びの寄付を求めています。

寄付してくれた人は、寄付した学校の額縁に名前や写真を載せられ、証拠写真を送ってくれます。

クラウドファンディングは、活動や夢に共感できる人が出資できる仕組みで、手軽に取引をすることができます。

活動に興味がある人は、いらなくなった縄跳びや資金を提供してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

長さ調節は、両足で縄を踏んで両ヒジを90℃に曲げて調整する仕方もありますが、その他にも色々な仕方があります。

子供用では、長さと使われている素材をよく確認しましょう。

紐の長さは、短すぎても長過ぎても跳びにくく、子供の成長は早いことからも定期的に調整することが大切です。

使わなくなったものを寄付することもできます。

仕方を知って上手く調整して上げれば、子供に楽しさを教えてあげることもできるでしょう。

関連記事