コレナレ!お役立ち情報!
趣味

生クリームとホイップクリームの違いと代用品

Whip cream sweet

生クリームはホイップクリームで代用可能かと気になりますが、まずは違いを知っておくことが大切です。

違いを知ることで、納得したうえで代用できるでしょう。

ここでは、生クリームとホイップとの違い、代用できるか、身近にあるものを使った代用品を紹介していますので、気になっていることもすぐに解消できるでしょう。

 

ホイップは生クリームの代用として使えるかを知る前に違いを知ろう

生クリームとホイップクリームの違いを知ることで、良い代用品などを選べるようになります。生クリームは高い、ホイップは安いという価格以外にも、色々な違いがあります。

違いとしてまず挙げられるのが原料です。

生クリームは、天然の脂肪で作られるのに対し、ホイップは、植物油に乳化剤や安定剤などの添加物を加えて作ります。生クリームは、乳脂肪分18%以上、乳脂肪100%で、その他はホイップクリームと呼ばれます。

また、クリームと表記していいのは、乳脂肪18%で添加物を加えていないものとされています。

味にも違いがあり、生クリームは乳製品独特の香りもありますし、濃厚でコクがあるのが特徴です。ホイップはすっきりとした味わいで、乳製品特有の匂いがないので、この匂いが苦手な人に最適です。

保存期間も違い、生クリームでは未開封で約10日、開封後では約1~2日です。ホイップは、未開封で約1ヶ月半、開封後で約3~4日です。

 

生クリームの代用としてホイップは使えるの?

ケーキ作りなどで費用をできるだけ抑えたい人は、できれば安いホイップを代用したいと考える人もいるでしょう。

生クリームは、コクがあることから、こちらを使った方が料理も良い仕上がりになるでしょう。

ただ、この味さえ妥協できるのであれば、安く保存期間も長いホイップを生クリームの代用として使っても問題はありません。

 

生クリームの代用として手作りホイップを作ろう

市販品ではなく、手作りしたいと考える人もいるでしょう。

そんな人は、牛乳は使わず、木綿豆腐を使ったホイップクリームのレシピを紹介しますので作ってみてはいかがでしょうか。

材料は、

  • 木綿豆腐1丁(絹ごしでも可)
  • メープルシロップ大さじ2~3
  • ココナッツオイル大さじ1(菜種油や太白ごま油などの好みのオイルでも可)
  • 塩ひとつまみ
  • バニラエッセンス適量

です。

作り方は、まず豆腐の水切りをします。豆腐を布巾やペーパータオルで包んで、お皿などを重しにして1時間おく、電子レンジで5分加熱するなどして水切りをします。

デコレーション用を作るときには一晩おくと良いでしょう。

水切りが終われば、後はすべての材料をフードプロセッサーに入れてクリーム状になるまでかくはんするだけです。

めんつゆとクリームを使ってパスタを作ってもいいですし、チョコレートケーキのデコレーション用のクリームとしても活用できます。

 

ホイップ以外で生クリームの代用品はないの?

生クリームの代用は、牛乳とバターでも可能です。

乳脂肪からできている生クリームは、牛乳とバターを使うことで似たようなコクを出すことができます。

自分で作ることで分量を調節でき、好みの仕上がりにもなるでしょう。

こってりが好みならバター多めに、あっさりタイプがいいならバターを少なめに入れます。

配合の目安としては、牛乳3に対してバター1です。とろみやコクを加えたいときには小麦粉を少量加えるのも良い方法です。

 

その他の生クリームやホイップの代用品

代用品は、色々なものが活用できるため、今自宅にあるもので作ることも可能です。

バターを使うとカロリーが気になるなら、牛乳と片栗粉で作っても良いでしょう。

コーヒーをよく飲む人は、冷蔵庫にコーヒークリームがある人もいるのではないでしょうか。シチューを作った時には、このクリームを料理の仕上げに使うこともできます。

プレーンヨーグルトで水切りヨーグルトを作って、好みの甘さを加えることで代用品を作ることも可能です。これを、バターチキンカレーに使うとヘルシーに仕上げることもできます。

色々なものを代用して料理を楽しみましょう。

 

まとめ

生クリームとホイップとでは、価格、原料、味、保存期間が違います。多くの違いがあるのですが、味にこだわらなければ、ホイップを代用しても問題はないでしょう。

ホイップは手作りすることも可能ですし、自宅にあるものを使って生クリームの代わりに使うことも可能です。

上手く代用品を活用することで、今までとは少し違う料理の楽しみ方もできるでしょう。

関連記事