コレナレ!お役立ち情報!
趣味

土の回収を地域別・無料方法も紹介!ホームセンターで土の回収は?

Dirt

園芸などで使えなくなった土、どうすれば良いかわ分からなくて困りますよね?プランターなどでガーデニングを始めたのはいいけど、手入れが大変で土の始末方法を考える必要があります。

ここでは、不要な土の始末方法、蘇生方法、始末について解説していきます。

適切な対応方法を知ることで不要な土で悩まされることも無くなります。

園芸土の正しい土の処分方法を紹介

園芸土は一般的には以下の処分方法があります

  1. ホームセンターで回収してもらう:しかし回収してくれる店舗は限られています
  2. 自治体に収集してもらう:地域によってルールが違うので注意が必要です
  3. 近所の公園に処分:許可をもらう必要があります。不法放棄になるので注意してください
  4. 業者に依頼をする
  5. 土を再利用する

これらが一般的に園芸土の回収方法になります。土の再利用なども含めより解説していきます。

 

コーナン・ビバホーム・ロイヤルなどのホームセンターで土を回収してくれるの?

園芸用具なら収納しておけば良いのですが、土がいらなくなった時は処分に困ります。

だいたい最初に思いつくのが「ホームセンターなら土を回収してくれるかな?」

園芸用の土やブロックを購入するときに、古い土やブロックをホームセンターなどの園芸用品を売っているお店で回収してもらえるのかと思ってしまいます。

土の引き取りをしてくれるところもありますが、コーナンやビバホームのような大手では引き取りしていないようです。ほとんどのお店が引き取り不可と考えておくと良いでしょう。

土が回収できないから公園や山に捨てるのは絶対ダメ

いらないからと、近くの山や川に捨てることだけは絶対にやめましょう。

以前、JRのリニア中央新幹線の建設工事で残土始末が問題となったこともありますし、業者によっては営業をして有料で土を集め、不法始末をするようなところもあります。

不法投棄は大きな問題となってしまいます。

 

土回収不可ならどうやって始末するの?

土を始末する方法は、自治体に相談をする、回収業者の利用があります。

自治体で数ヶ月に1回程度で引き取りしてくれるところもありますし、相談をすることで近くの公園などに捨てていいと許可をもらえることもあります。

有料とはなりますが、回収業者を利用する方法もあります。量が多い場合には回収業者を利用する方が始末できます。

まずは、各自治体の土の回収についての方針を見ていきましょう。

 

【地域別】自治体の「土の回収」のルールを把握しよう

例外はありますが、多くの自治体では、土や砂などを収集を行っていません。ここでは地域別に各自治体での方針を説明していきます。

東京都
東京都のほとんどでは土を回収できないものと指定しています。

横浜
横浜市は不燃ごみをして回収してくれます。一度に多量ではなく、小分けして少量で回収しています。

千葉市
千葉市では市が適正に処理できないため、土を回収できない項目として指定しています。

大阪府
大阪では、少量であれば自治体が回収してくれます。少量を小分けして、数回に分けて収集してくれます。

札幌市
札幌市は土を有料で不燃ごみとして回収できるようです。

名古屋
名古屋市では土は回収できないものと指定しています。

そもそもホームセンターや業者に土を回収してもらう必要はあるの?

しかしそのままガーデニングを楽しむなら、そもそも土を変える必要があるのでしょうか?

古い土を使うことにはデメリットがあります。

前の植物の根が残っていることもありますし、一度植物を育てると土の栄養が失われています。また同じ土で同じ植物を育てると連鎖障害を起こして生育が悪くなります。

同じ土を使っているとデメリットも多いことから、ガーデニングを楽しむには定期的に土を交換することが大切です。土を変えるのが面倒な方は、土を蘇生させ再利用する方法もあります。

回収してもらえないなら土を「蘇生」しよう

ホームセンターやほとんどの自治体が回収してくれないので、土を蘇生させることもできます。土を再利用することで、「どこで土を回収してもらおう」という心配も無くなります。

蘇生の仕方は、まずビニールシートなどの上に土を広げて、45日日光で消毒をします。後は腐葉土を混ぜるだけで蘇生完了です。

この土の蘇生方法は簡単ですが、手間、時間と労力がかかります。ここでぜひオススメしたのが、混ぜるだけで土を再生させる「土のリサイクル材」です。土を蘇生させることで植物はしっかりと土から栄養を吸収できるため、健康に育ちます。

ぜひ評価が高いこちらのまくだけで甦る 「土のリサイクル材」 を試して、より簡単に土を蘇生させてみてください。


土回収が難しいなら「捨てられる土」を選ぼう

園芸を楽しみたいのに、「土の始末が難しいから、本当に嫌だ」と思うのは残念ですよね。

そんな土も、園芸用品販売店やネットで可燃ごみとして捨てられる商品が販売されています。

プランターなどで植物を育てるにしても定期的に新しい土に変えると育ち方が変わってきます。そして、土を蘇生させる必要もないため、手間も少なくなります。

定期的に土を変えることを考えるなら、このような始末のしやすい土を選ぶのが鍵です。エコソイル(リサイクル軽量土壌)が一番おすすめの商品になります。

軽量化を実現しており、ココナッツチップをを配合しており土の環境のバランスを保てます。ぜひ、エココソイル(リサイクル軽量土壌)を使って、簡単に家庭ゴミで捨てられる土を利用してみてください。


まとめ

園芸やガーデニングで使った土の処分は多くの方が悩んでいます。

しかし、蘇生させる、自治体や業者を利用することで土の始末の悩みも解消されるでしょう。

土を蘇生させ再利用することで、土を処分するという心配は無くなり、ゴミを軽減させることができます。

その他、可燃ゴミに出せる土を使うことで、業者を探したりする手間も省けます。

ガーデニングは精一杯楽しむべきです。ぜひ、これからも園芸やガーデニングを楽しむために土の蘇生方法や可燃ゴミに出せる土を購入して試してみてください。




関連記事