コレナレ!お役立ち情報!
健康

デオドラントとは何?効果や使用方法も合わせて紹介!

A man with strong Arms

最近汗や臭いを抑える製品に使われつつあるデオドラントとはどんな意味か皆さんご存知でしょうか。言葉は知っていても意味まではよくわからない人も多いことでしょう。

ですがデオドラントという言葉には一般的な制汗スプレーとは使い方や効果なのです。なので気軽に使っていると思わぬしっぺ返しをくう可能性もあるので十分に注意してください。

そこで今回は、デオドラントという言葉の意味や、使用法の解説をしていきます。これから使用を検討している人は、使う前に一度目を通してください。

 

デオドラントとはどんな意味?

デオドラントとは、消臭剤や防臭剤の意味があります。その中でもよく使われているのは、「汗等による不快な臭いを抑えるために皮膚に塗る薬剤」という意味合いが強くなります。

簡単に言えば、汗の臭いを抑えるための薬剤だと思っておけば間違いありません。汗の臭いは自分では感知しにくいので、大事な場面で事前に使用していくのには便利な製品と言えるでしょう。

その効果から、制汗スプレー等と同じ感覚で手軽に利用される方も多いです。事実両方の効果を備えたスプレーも多いので、なおの事両者を混同してしまう人も多くなります。

ですが、両者には明確な違いがあります。正しい使い方をするためにも、両者の違いを見ていきましょう。

 

デオドラントとは制汗剤とは違う

デオドラント剤と制汗剤は効果に明確な違いがあります。どちらにも結果として汗による臭いを抑える効果がありますが、その臭いを抑えるためのアプローチ方法には大きな違いがあるのです。

制汗剤は、読んで字のごとく臭いを生み出す原因を抑える事で結果として臭いを抑えるのです。しかし本来汗によって排出される老廃物を押しとどめてしまうため、汗そのものの臭いが濃くなるリスクもあります。

対してデオドラントは汗に含まれるニオイの元となる雑菌の繁殖を防ぐことで臭いを防ぐ効果があります。汗をかかなくなるわけではないので、汗自体を抑えたい人には効果的とは言えません。

このように明確に効果に違いがあるため、臭いと汗のどちらを重視して抑えたいのか考えて使用したほうがいいでしょう。では続いて、デオドラント剤毎の種類と使い方について見ていきましょう。

 

デオドラント剤の種類と使い方とは?

デオドラント剤にも様々な種類があります。それぞれ役に立つ場面や効果が長所がやや異なるので、場面に応じたものを使いましょう。

クリームタイプ

直接塗るタイプのものです。指の間等のスプレーがしずらい場所にも安定して効果を発揮させることができます。また、ピンポイントに使えるので、あまり量を使いたくない際にも有効です。

ジェルタイプ

使い方はクリームと同様ですが、クリームと違ってべたつかず、サッパリとした使用感が特徴です。

スプレータイプ

一番手軽に使えるタイプで、広範囲に使用したい際や手を汚したくない場合に効果的です。ただし香りを含むタイプのものは、使う場所を選ぶので気を付けてください。

シートタイプ

使い捨てのシートタイプは使用の過程で汗を拭きとるので、衛生面で大きな強みがあります。ひんやり感もするので夏場の使用にはうってつけと言えるでしょう。

同じデオドラント剤にもこれだけの種類があります。因みに花王のデオドラントZには、同様の品質でタイプの異なる製品が複数存在しており、口コミも高評価なものが多いです。

もし同じ品質のものを使いたいのであればこちらを利用してみましょう。

 

デオドラント剤を使用する際の注意点とは?

正しい使い方をすれば効果的なデオドラント剤も、使い方を誤ると逆効果になる事もあります。特に手軽に使えるものほど使い方を間違えてにおいを生んでしまう可能性もあるので気を付けてください。

使う前に必ず使い方を確認してください。また、最近では消臭と同時に香り付きのものも複数存在していますが、これらは自分の体臭と混ざってさらに臭いを発生させることもあります。

これは個人の相性に左右されるので、公共の場で使う前に一度試し利用しておきましょう。使い過ぎも臭いが強烈になるので気を付けてください。

 

間違えやすいデオドラント剤の使い方とは?

デオドラント剤を利用する際、以下の点はよく間違えやすいです。

商品を間違える

前述の通りの制汗剤との違いの他、臭いに関するものなので個人との相性も大きく出ます。臭いを抑えられなかったり、却って臭いが増してしまう人は使う製品を変えてみましょう。

タイミングを間違える

直前の使用では臭いの分解が間に合いませんし、早く使いすぎても新しく発生した汗のにおいが分解しきれない事もあります。タイプによっても違うので、適切な使用タイミングを心掛けてください。

量を間違える

量が少なければ効果が足りなくなりますし、使い過ぎはデオドラント剤そのものの香りがきつくなります。特に使い過ぎは患部の炎症などの弊害もあるので気を付けてください。

 

まとめ

デオドラントとは、汗などの臭いを抑える薬剤であり、制汗剤とは効果が異なります。臭いの元となる雑菌の繁殖を抑える効果があるので使うタイミングを選びません。

デオドラント剤にはスプレーやクリーム、ジェルタイプなど様々な種類があります。場面や患部によって最適なものを選ぶと効果も高くなりますし副作用も抑えられます。

使用の際は使い過ぎによる香りの発生には気を付けましょう。個人と相性のいいものと悪いものがあるので、何度か使って効果を感じない場合は、別の製品を使う事も大切です。

デオドラント剤は使う場面を選ばず、体の代謝はそのままに臭いを抑える事ができるので最近人気の製品ではあります。使い方を間違えなければスポーツマン、社会人を問わず大きな力になってくれるでしょう。

今回紹介した内容を参考に、自分に役立つタイプのもの探し、効果的に使ってみましょう。

関連記事