コレナレ!お役立ち情報!
学習

テスト勉強のやる気を出す方法とは?

ギリギリからジャンプ

テスト勉強のやる気でないという中学生、高校生の方、実はやる気を出すためには様々な方法があります。やる気でないときには、集中力を高めることに繋がる行動を取ることが大事です。

そこで、テスト勉強のやる気を出す方法についてご紹介します。

テスト勉強のやる気を出す方法、環境の改善

テスト勉強をする際には、部屋の環境を整えることで集中力アップに繋がります。部屋にごみが散乱していたり、机の上に余計なものが置いてあると、集中力の低下に繋がります。

ほかにも、スマホやゲームなどの集中力の妨げになるようなものは親に預けるなどの方法もおすすめです。勉強が終わるまではそうした誘惑に繋がることを一時的に排除すると、やる気を損なわずに済みます。

そのため、基本的に机の上にはなにも置かないことをおすすめします。

テスト勉強のやる気を出す方法、頭の切り替え

テスト勉強のやる気が起きない時には、軽く運動をするなどの方法で頭を切り替えることが大事です。軽い運動は気分転換になるだけではなく、脳に血液が行き届くことにも繋がります。

テスト勉強のやる気を出す方法、勉強の効率アップ

テスト勉強のやる気を出すためには、勉強の効率アップを視野に入れて取り組むことが大事です。

成果が出ると勉強が楽しくなり、やる気が出ます。するとさらに成果が出るので、そのサイクルを崩さないようにするとやる気が継続することに繋がります。

ほかにも、目標を明確にして紙に書くなどの方法もおすすめです。結果をイメージすることで目標達成に向かって頑張ろうと思うので、モチベーションアップにも繋がります。

テスト勉強のやる気を出す方法、名言を読む

テスト勉強のやる気を出すには、名言を参考にすると気持ちを切り替えることが出来ます。先人たちの名言を自分に言い聞かせるつもりで読んでみましょう。

そうすることで、勉強に対する気持ちが前向きになり、やる気を引き出すことに繋がります。自分好みの名言集が手元に1冊あるだけで、テスト勉強のやる気が出ない時の役に立ちます。

そうした名言を参考に勉強に対するモチベーションアップに繋げましょう。

テスト勉強のやる気を出す方法、15分頑張る

テスト勉強のやる気を出すには、集中力を高めることがポイントになります。とはいえ、集中力とは長くは続かないものです。そのため、やる気が出ない時には無理せず時間を短縮しましょう。

15分集中して難しい問題に取り組んだら、その後はゆっくり見直しする方法がおすすめです。そうすることで、最初の15分間という集中力が持続している間に、わからない問題を吸収することに繋がります。

まとめ

テスト勉強のやる気が出ない時というのは、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。そんな時、やる気を出す方法は様々あります。

そうした方法を参考に、今後のテスト勉強に対するやる気を引き出すよう心がけましょう。

関連記事