コレナレ!お役立ち情報!
生活

ゆで卵の殻が剥きにくい原因と対処法

Egg

ゆで卵の殻が剥きにくいことで、料理の際にイライラしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

茹でたまごを綺麗に剥いておいしく食べたい、料理の手間を少しでも減らしたい、という方に、おすすめの対処法があります。

そして、ゆで卵の殻を上手に剥くことが出来ないことには、ある原因があります。そこで、ゆで卵の殻が剥きにくい原因と対処法についてまとめてみました。

卵の殻が剥きにくい原因とは?

卵の殻が剥きにくいのは、卵には炭酸ガスが含まれており、茹でると炭酸ガスが膨張することで殻と卵白を密着させることが理由です。

特に、新鮮な卵をほど炭酸ガスが多く含まれていることから、より剥きにくい傾向にあります。せっかくの新鮮な卵が茹でたらぐちゃぐちゃになった、なんていうことになったら嫌ですよね。

では、たまごの殻が剥きにくいとどうなるのでしょうか。

卵の殻が剥きにくいとどうなる?

卵の殻が上手く剥けないと、料理の効率が下がってしまいます。殻といっしょに白身まで剥けてしまった、などということがあると、綺麗に剥けないだけではなく剥くのに時間がかかります。

さらに、剥くのを失敗すると、食べる部分が少なくなってしまうこともあり、非常にもったいない気持ちになります。

そのため、料理をしながらイライラしてしまうことにも繋がります。そこで、むきやすいゆで卵の作り方をご紹介します。

卵の殻が剥きにくい時の対処法

卵を剥きやすくするには、茹でる前に少しだけ殻にヒビを入れるという方法もあります。

中身が出ない程度に加減をしてスプーンなどを使って卵を叩くと、程よくヒビを入れることが出来ます。さらに、茹で上がったら水の中で殻を剥くと綺麗に剥けます。

熱々の卵を素手で剥くのは危険な上に、上手に剥くことが出来ません。急いでいるからといって冷やすのを怠ると、返って剥きにくくなることもあるので注意しましょう。

卵の殻を綺麗に剥くためには、ある裏ワザも存在します。

卵の殻が剥きにくい時の裏ワザ

むきやすいゆで卵のレシピとして、殻全体にヒビを入れまな板の上で転がすという裏ワザがあります。そうすることで、いつもは剥きにくい殻がつるんと綺麗に剥けます。

その際には、ヒビを入れたら一旦氷水に浸けることも忘れずに行いましょう。

では、卵の殻が剥きにくい時と剥きやすい時の違いについてみていきましょう。

卵の殻が剥きにくい時と剥きやすい時の違い

卵の殻が剥きにくい時には、新鮮な卵を使っている場合が多くみられます。逆に剥きやすい時は、茹で上がったらすぐに水に浸けているという場合がほとんどです。

卵の殻は、茹でた後の対処次第で剥きやすくなる場合もあるので、そうした方法をチェックしておくことをおすすめします。

茹でたまごはサラダや煮物、おでんなど、様々な料理で使えるので、簡単に剥けると料理のレパートリーが増えることにも繋がります。

卵はおやつや食事に多く取り入れられる食材です。そんな卵を上手に料理するためにも、卵の殻を簡単に剥く方法は是非知っておくようにしましょう。


まとめ

卵の殻が剥けないせいで料理が上手くいかなかった経験があるという方、対処法や裏ワザを試してみることをおすすめします。

料理の効率アップに繋がるだけではなく、料理中のイライラを防ぐことも出来るので、是非試してみてはいかがでしょうか。

関連記事