コレナレ!お役立ち情報!
お金

確定申告の還付金が振込時期をご紹介

Money transfering

確定申告の還付金はいつ振込まれるのかと気になりますが、この時期を早めることも可能です。

還付金は予定納税をした所得税額が多めに納税されていた時に返金されるお金のことで、どのくらいの時期に振込まれるのかを知れば、還付金を使う計画も立てることができるでしょう。

ここでは、返金される時期の目安、なかなか返金されない時の対処法、短期間で受け取るためのコツなどを解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください


あなたは確定申告の還付金が振込まれる時期の目安を知っていましたか?

確定申告の還付金が振込まれる目安は1~1ヶ月半です。

e-taxを利用すれば、約3週間程度と返金される期間を早めることもできます。

還付金申告は確定申告時期に申告しなくても振込みしてもらえる

確定申告時期は2月中旬から3月中旬となっていて、還付金申告もこの時期に済ませる必要があると思っている人もいるかもしれません。

しかしこの申告は、翌年の1月から5年と、確定申告時期にする必要はありません。

確定申告をして目安の期間を過ぎても還付金が振込まれない時の対処法

一般的な目安は1~1ヶ月半ですが、目安の期間を経過しても返金されない時には税務署に確認をします。

申告内容に不備があれば振込んでもらえないことから、どのような理由で振込みが遅れているのかを確認してみましょう。

申告後に不備に気づいた時でも、税務署に連絡をして修正方法を聞くことで返金を早めることにつながります。

また、指定した口座によっては振込ではなく郵便振替が届くこともあります。

申告を済ませると、いつ戻ってくるのかと頻繁に口座を確認する人もいるかもしれませんが、口座だけでなく郵便物もよく確認することが大切です。


確定申告の還付金が短期間で振込んでもらえるe-taxの利用方法と短期間で受け取るコツ

e-taxを利用するためには、パソコンのCPUやメモリ、ハードディスクの空き容量、画面解像度、OSをよく確認する必要があります。

インターネットは良くするけど、CPUやメモリと言われてもよく意味が分からない人もいるでしょう。そんな人は、今使っているパソコンでe-taxが利用できるのかと不安を感じてしまいます。

しかしe-taxを利用するためのスペックはほとんどのパソコンで条件をクリアしています。

Windows7以上のOSを搭載したパソコンであれば問題なくe-taxソフトを使うことができるでしょう。

e-taxソフトが使えるパソコンの他に、マイナンバーカード、ICカードリーダライタも用意する必要があります。

必要なものを用意したら、開始届出書を税務署に提出することで利用することができます。

e-taxの利用方法を見ると、少し面倒と感じるかもしれませんが、e-taxで返金を早めることができます。

医療費控除は確定申告が必要で、医療機関をよく利用する人は、この控除を受けるためには毎年申告をする必要があるでしょう。

e-taxは利用するまでには手間がかかりますが、利用できるようになれば申告もとても簡単です。

毎年手軽に申告をして短期間で還付金を受け取るためにも、e-taxが利用できるように準備をしてみてはいかがでしょうか。

また普段は医療機関を利用しない人も、病気や怪我によってその年だけ多くの治療費が必要になったというケースもあるでしょう。そんな時には、e-taxを利用するのも面倒と感じてしまいます。

毎年申告をしないのであれば、確定申告の時期が始まる前に申告を済ませましょう。手続きを早く済ませるほど短期間で受け取ることが可能です。

個人事業主は確定申告の還付金が振込まれたら仕分けはどうするの?

個人事業主の方は、還付金を受けた時には簿記上ではどのように仕分けをしたらいいのか、勘定科目は何になるのかと思う人もいるでしょう。

所得税や住民税などの税金が経費とはならないように、還付金も収益とはなりません。

そのため、個人事業では事業主借勘定として貸方科目に記入します。

まとめ

返金される目安は1~1ヶ月半ですが、e-taxを利用する、確定申告時期を避けて申告することで受け取れる期間を短縮させることもできます。

還付金をちょっとしたボーナスとして楽しみにしている人もいるでしょう。

返金される時期が分かれば、ちょっとした旅行に行く計画を立てたり、趣味に活用する、還付金で美味しいものを食べたり欲しいものを買ったりと様々な楽しみ方ができます。

そんな還付金を短期間で受け取るためにも、申告方法や時期の対策をして還付金を受け取りましょう。

関連記事