コレナレ!お役立ち情報!
学習

初心者は運転をする時のコツを知って運転を楽しむ

Driving

車の運転初心者は何かと不安がありますが、事前準備をする、コツを知ることが大切です。

車の運転のコツを知れば安全運転にもなり、快適なドライブが楽しめるでしょう。

ここでは、事前準備の方や心構え、運転のコツなどを紹介します。

ちょっとしたことでできることも多いので、すぐに運転の不安も解消できるでしょう。

 

初心者が運転するときは出発前の準備から始めるのが安全運転のコツ

ペーパードライバーのような初心者が運転する時には、出発前の準備から始めることがコツの一つです。

男性は比較的スニーカーを履く頻度が多いので特に問題ないのですが、女性はブーツやヒールがある靴を履くことが多く、このような靴で運転するのは危険な行為です。

運転する時にはペダル操作がしやすいスニーカーを履くことが大切です。

靴だけでなく、ハンドル操作のしやすい服装をすることも重要です。薄着でも問題ないような温度調整をして運転をしましょう。

 

初心者が安全運転するときのコツでは心構えも大切

安全運転をするためには、心構えも重要です。

久しぶりの運転で緊張する反面、みんなと楽しい時間が過ごせると、気分が高揚している人もいることでしょう。

しかし、車の運転では危険も伴うことから、浮かれ気分で運転をしていると思わぬ事故が発生することもあります。

交通ルールやマナーなどを事前に確認しておくのも大切ですし、盛り上がりすぎて無茶な運転をしないような心構えがとても重要です。

急発進や急ブレーキ、急ハンドルなど、無理な運転は避け、運転が下手だと思われても安全運転を心がけるようにしましょう。

ナビの検索などの操作は、助手席の人にしてもらう、一人の時は車を停車してから行うなどもとても重要です。

 

運転初心者のコツ

車の運転の初心者が忘れがちな運転のコツを紹介しますので、運転前によく確認して快適なドライブを楽しみましょう。

【車間距離をとる】

安全運転をするためには車間距離がとても重要です。

車間距離は、時速30km~60kmの間であれば、速度から15を引いた距離が目安とされています。運転中に判断する時には、一般道路で3秒、高速道路で4秒とも言われています。

標識などがあれば、前の車がその標識を通過した時点からカウントして、この秒数以上かかるような車間距離を取ると良いでしょう。

【車線変更を早めに行う】

車の運転中では、工事や清掃作業、バスの停車や事故などによって、車線変更をしなければいけないことがよくあります。運転初心者の人には、車線変更が難しいと感じる人も多いようです。

車線変更のコツは、道路の先の状況を早く察知して、早めに車線変更を行うということです。

また、前の車が次々と車線変更をしているようであれば、道路の先の状況が見えなくても車線変更をする準備をしておくと良いでしょう。

【道を譲るのは1台ずつ】

道路が混雑している時には合流してくる車もあり、譲るべきなのかと悩む人もいます。

この時には、一台ずつにするのが暗黙のルールです。譲り過ぎれば、いつまでも前に進めなくなって後ろの車も迷惑してしまいます。

 

初心者でも安全運転をするためにはサイドミラーの調節をしておく事もコツの一つ

自分の車を毎日運転している人なら、サイドミラーなどを自分が確認しやすい位置に調整してあるのですが、たまに車に乗る、人の車に乗るケースではサイドミラーの調整がうまくできていないこともあります。

ミラーの調整ができていないことで、死角が増えて事故のリスクを高めることにもなりますし、バックで駐車する時にも上手くできないことにもなります。

運転前にサイドミラーの調節をすることで安全運転にもつながります。

 

運転初心者の人は車両感覚をつかむための目印を見つけるのもコツ

初心者運転では、狭い道が怖いと感じることも多いことでしょう。

そんな狭い道でもスムーズに運転するための方法が、車両感覚をつかめる目印を見つけておくことです。

ワイパーの付け根を白い車線に揃うように運転すれば、車の側面をぶつけることなく走れるというような運転のコツを見つけておきます。

そうすることで狭い道でも安心して走ることができるようになるでしょう。

 

まとめ

免許を取ってすぐの運転、久しぶりの運転では、感覚やルールを忘れていて事故を起こしやすいです。

そんな車の運転も、事前準備や心構え、コツを知っておくことで安全にドライブが楽しめます。

コツをつかむためには、練習が必要なケースもあります。自動車をぶつける心配がある人は、免許取りたてなら、運転が上手くなるまでは中古のクルマを購入するのも良いでしょう。

中古なら価格も安く、ぶつけても精神的なダメージも少なくて済みます。

快適なドライブを楽しむためにも、事前準備やコツなどを確認してから運転をするようにしましょう。

関連記事