コレナレ!お役立ち情報!
お金

任意整理による信用情報への影響!回復方法は?

携帯電話を使ってる

任意整理を考えている人にとって、心配なのは信用情報に記録が残ってしまう事でしょう。信用情報に傷がつくことで、今後の取引やクレジット利用に大きな障害が出てしまいます。

しかし任意整理はめったに行わないもの。ブラックリストに載る等と聞いたことはあっても実際にどのような影響が影響をもたらすのかまで具体的にわかっていない方も多いかと思います。

そこで今回は、任意整理が信用情報にもたらす影響と、万が一任意整理を行った際信頼情報を回復させるための方法をご紹介します。現在任意整理を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

任意整理、信用情報って何?

そもそも借金に無縁だった方は、任意整理や信用情報と言ってもピンと来ない方も多いかと思います。ですからまずはそれぞれの単語の意味から解説していきます。

任意整理とは、現在返済中の借金に対して弁護士等を通して債権者と交渉を行う事です。交渉によって将来利息のカットや長期分割返済案等を成立させることで今までより楽に支払いができるようになるのです。

簡単に言うと整理することで今より返済が楽になるという事です。場合によっては過払い金が発生して返済が終了する事もあります。ただし任意整理を行うと信用情報機関を通じて債務整理を行った記録が残ります。

その信用情報機関が管理している情報が信用情報なわけですが、これはクレジットやローン契約他、支払い状況等が管理されている情報です。

例えばクレジットカードを使いすぎて支払期限に支払えなかった場合、ここの信用情報に支払いを滞納した記録が残ってしまうのです。同様に任意整理を行った場合、信用情報に事故情報として記録されてしまうのです。

これが任意整理と信用情報の関連性です。しかし全ての信用情報機関に記録が残るわけではありません。

任意整理が記録される信用情報機関

信用情報機関は複数あり、それぞれ

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)と言います。

この中で任意整理が事故情報として登録されるのは実は株式会社日本信用情報機構(JICC)一社のみなのです。他の2社では任意整理を行っても信用情報に登録されることはありません。

ただし任意整理を行うという事は返済に苦しんでいるはずです。他2社でも任意整理を行う前に、支払い3か月以上の遅延があった場合は事故情報としてしっかり記録されるので気を付けてください。

任意整理が信用情報機関に登録されるデメリット

信用情報機関に事故情報が登録される事をブラックリストに載ると呼ばれることが多いです。厳密にはブラックリスト=事故情報なのでブラックリストというリストがあるわけではありません。

では具体的にどのような弊害が伴うのでしょうか。

ローンが組めなくなる

住宅ローンや銀行ローン等を組む際、信用情報機関に事故情報が載っていると審査の段階で落とされてしまいます。ほとんどの金融機関は情報を共有しているため、どこへ行ってもローンを組む事は出来ないでしょう。

クレジットカードが作れない

クレジットカードもローンの一種なので、新たに作る事が出来なくなります。新規作成だけでなく、カード更新の際にも事故情報があると利用停止になってしまうのです。

簡単な話、どこからもお金を借りられなくなるという訳です。では一度信用情報に事故情報が残ってしまったらもう二度とお金を借りることはできないのでしょうか。

任意整理で傷ついた信用情報を回復する方法は?

結論から言うと、事故情報は時間がたてば消すことができます。

任意整理の期間は、登録後5年間です。JICCでは任意整理の通知から和解までの間に登録が完了されるので、登録から五年経過すれば、例え返済中でも事故情報が無くなるという事もあります。

時間以外の解決方法はありませんので5年間は耐える必要がありますが、その後はまた以前のように借り入れを行う事が出来ます。勿論新たに事故情報が載ってしまうと借り入れはできなくなるので気を付けてください。

任意整理記録等の信用情報の確認方法は?

一つ気を付けなければいけないのが、信用情報を回復するには手続きが必要だという点です。信用情報にのった情報が勝手に消えるわけでないので、今現在ブラックリストに載っているか確認する必要があります。

個人のブラックリストを確認する方法は会社次第ですが、基本的には開示用の書類と手数料、本人確認書類をもって各会社の窓口で手続きする形になります。開示用の書類は各会社のサイトでダウンロード可能です。

期間が過ぎたからと借り入れに行ってできませんでは大変です。事故情報があった方はきちんと手続きし消えているかを確認してから借り入れを行うようにしましょう。

 

まとめ

任意整理を行う事で返済は楽になりますが、信用情報に事故情報として登録されてしまうので、最低5年間はしばらくお金を借りることが出来なくなります。大きな買い物が出来なくなるのでとても不便を感じるでしょう。

ですが、任意整理が今までの苦しい返済プランを変えるきっかけになるのもまた事実です。特に金利の高いところから長期間借りていた人ほどその恩恵は高くなり、過払い金で一括返済も不可能ではありません。

先の見えない返済より、弁護士を通じて先が見通せる返済プランを組んだ方が今後の生活は豊かになるはずです。長期返済でお悩みの方は、ぜひ任意整理をうまく利用し、返済地獄からの脱出を目指してください。

※まずは無料で相談の場合、件数が少なくても対応してくれる司法書士さんもいます。
⬇︎
司法書士に任意整理の無料相談

関連記事