コレナレ!お役立ち情報!
生活

大学生も住民票を移す?メリットとデメリットまとめ

College student

大学生になって初めて一人暮らしをする人も多いかと思います。新生活への期待と不安を思うあまり、住民票を移動させる事をすっかり失念していたという人も多いのではないでしょうか。

住民票を移していないと何かと不便な点も多いですが、住民票を移したために不便を感じるという場面も存在します。では結局のところ住民票は移した方がいいのでしょうか。

今回は、大学生が住民票を移した際のメリット、デメリットを紹介します。これから一人暮らしを始めるという大学生の方はぜひ参考にしてください。

 

大学生も住民票を移さないとダメ?

大学生に限らず、住民票は引っ越しをしたら移動をする決まりになっています。これは誰がどこに住んでいるか把握するために必要なものですので、国の法律で決まっています。

手続きの期間は、引っ越しをしてから14日以内とあまり猶予がありません。これを過ぎてしまうと法律違反となり、5万円以下の罰金を支払わなければいけなくなる場合もあります。

とはいえ、これは一般的な引っ越しの場合です。大学生に関しては、一定の条件を満たすと住民票を移動させなくてもよくなるのです。

 

大学生が住民票を移さなくてもいい条件

以下の条件のいずれかを見たす人にとって、住民票の移動は必須とはいえません。

生活拠点が現住所から変更のない場合

大学生の一人暮らしはほとんどの場合、学校へ行くための足掛かりにすぎません。

長期休暇の際は実家に帰る人も多いですし、卒業後もその住居に住み続ける人はあまりいないはずです。

そのため実際に暮らしているのは新住居でも、生活拠点は実家だと認識されるのです。あくまで一時的な仮住まいのようなものなので、移動するほどではないという事です。

新しい住居に住むのが一年未満だと確定している場合

大学生では稀ですが、新住居に一年以上住まない場合は移動の必要はないです。すぐにまた別の移動が必要ですし、手間を省くための処置と言えるでしょう。

 

大学生であれば、ほぼ確実にどちらかは満たしているはずなので、そういった人は住民票の移動を任意に選択可能です。では、移動によって具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

大学生が住民票を移すメリット

住民票を現住所に移すことで、以下のメリットが見込めます。

大事な書類が自分の元に届く

選挙や成人式の案内を始め、大事なお知らせや書類が自分の元に届くようになります。必要な書類をいちいち実家に取りに行くのは大変ですし、特に実家から遠く離れて暮らす人には大きなメリットとなります。

現住所の公共施設が利用できる

図書館等の公共施設は、住所が違うと利用できない場所もあります。また、自動車免許の取得や更新は住民票に登録された住所でしかできません。住民票を移すことで実家まで戻る手間が省けます。

現住所とのずれをいちいち確認されない

現住所と登録された住所が違う場合、住所確認が必要な場面で理由を聞かれる場合が多くなります。答えればいいだけですが、何度も聞かれると煩わしいので、面倒がいやな場合は住民票を移しておきましょう。

 

住民票の移動によりこれらのメリットを受ける事ができます。では逆に、住民票を移すことによるデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

 

大学生が住民票を移動させるデメリット

移動させたことによって以下のデメリットが考えられます。

面倒な書類も全部自分の元に届く

今までは親に任せきりだった書類がすべて自分の元に届くので、全て自分で処理しなければならなくなります。いずれは全部自分でやらなくてはなりませんが、大学生の内は億劫に感じる人も多いでしょう。

成人式のお知らせは現住所のものがくる

地元の成人式に出たいと思っていても、送られてくるお知らせは現住所のものです。一応電話で会場を変更することはできますが、手間である事に変わりはありません。

 

全体的に手間がかかるデメリットがあるといえます。ですが人によっては全然苦にならないという人もいると思うので、そういった人は住民票を移してしまった方がなにかと不自由しないでしょう。

 

大学生の住民票の移し方

最後に、住民票を移動させる方法を見ていきましょう。手続きの方法は引っ越しの距離に応じて、転出+転入、転入、転居の3つに分かれるので、それぞれの場合に応じて見ていきましょう。

転居

区をまたがないような近距離での引っ越しの場合、手続きは転居届を出すだけです。市役所に行って確認すれば、後は向こうが取り仕切ってくれるので簡単です。

転入

市内で区をまたぐ程度の引っ越しの場合、引っ越し先の市役所で転入届を提出します。本人または、同じ部屋で同棲している世帯人であれば提出可能です。

転出+転入

上記以外の多くの引っ越しの場合、事前に現住所で転出届提出して提出証明書を受け取り、上記の転入届と合わせて新住所の市役所に提出する必要があります。

万が一引っ越し後でも、提出証明書は郵送してもらえるので安心です。手続きが多く大変ですが、これも14日の機嫌がありますので、てきぱきと済ませてしまいましょう。

 

まとめ

大学生にとって、住民票の移動は必須のものとは言えません。ですが、住民票を移動させることによって重要書類の取り寄せの手間がなくなったり、公共施設を十全に利用することができるようになります。

デメリットに関しては、多少面倒なものの対策も用意されていますし、もともと気にならないという人にとってはデメリットではないかもしれません。そういった人は早々に住民票を移してしまいましょう。

大学生にとっては、市役所での形式ばった手続きはあまり経験がなく面倒に感じる人も多いかと思います。ですが、方法さえわかっていれば簡単に手続きを済ませる事ができます。

勿論住民票を移すのは個人の自由ですが、デメリットを重要視するのでなければ移してしまった方が後々面倒なことにならなくて済むといえます。

 

 

関連記事