コレナレ!お役立ち情報!
お金

結婚にかかる資金を解説!どうやって貯めればいい?

結婚式

結婚に必要な資金をいつから、どうやって貯めればいいのかは分かっているようで分かっていないものです。結婚資金といっても何に使うのか分かりづらいですし、絶対に貯めなければダメなのかも分かりません。

疑問だらけの結婚資金について、今回は解説していきます。

結婚に掛かる資金の相場は?

結婚資金を準備する場合、どれくらい必要なのでしょうか。大体の相場が分からないとモチベーションも上がりませんね。

ただ、相場といっても個人差がありますので絶対に必要な資金というのはありません。目安としては、300~450万程度が相場となっています。

結婚に必要なお金は結婚式だけではありません、それぞれいくら掛かるか、いくら掛けるかをしっかりと考えましょう。実際に結婚資金を貯めたことのある人に聞いてみるのも具体的な知識が得られるのでおすすめです。

結婚の資金を貯める場合、男性と女性の費用負担も考える必要があります。また、親の援助がある人も居るでしょう。男性だけが負担をするわけではないことを前提に、よく話し合うべきです。

結婚資金について話し合うことは、お互いの金銭感覚を知ることができ、結婚生活にも役立ちます。ただ、結婚資金については男性が多めに出すことを前提に考えた方が無難ですね。

結婚に必要な資金・いくら貯める?

結婚資金の相場は先ほど述べたとおり300万~450万程度です。これを男性、女性それぞれの負担を決めて貯めるわけですね。

結婚資金の平均額が分かっても、結婚は女性次第の部分もありますので、男性は絶対にこの間で済まそうとは考えないことが大事です。また、親の援助については最初から当てにせず、無いものと考えた方が無難ですね。

お互いの費用負担を決め、現在の銀行貯金などから差し引けば貯めるべき金額が分かります。結婚までのタイムリミットがあるので、無理のない計画を立てるのが重要です。

あまりに無理な計画を立てるとストレスになってしまうので、お互いに楽しんで貯められるように工夫をしてみるのもいいですね。

結婚資金の貯め方はどうすればいい?

具体的な結婚資金の貯め方ですが、これは体験談が役に立ちます。実際に貯めた人たちの体験談は具体的にイメージしやすいのでおすすめです。

どうやって結婚資金を貯めたのかを体験談から挙げてみます。一番多くておすすめされていたのは、共同口座を作って貯めるという方法です。

お互いの口座でそれぞれ貯めていると、足りない時についつい使ってしまうこともあるようです。それを防ぐために共同の口座を作るのは理にかなっていますね。

共同口座の管理については、カードを作らずと通帳、印鑑をそれぞれが管理するという方法がいいです。お互いの目があるので、気軽に引き出せないのがお金を貯めるのに重要なのです。

どちらかがお金の管理が苦手な場合、毎月決まった金額を相手に預けるというのも方法としてはいいですね。

結婚資金って具体的に何に使う?

ここまで結婚資金について書いてきましたが、具体的に何に掛かるのか疑問に思っている人も居るでしょう。一般的に結婚に掛かるお金を解説します。

結婚にかかる費用を挙げてみるとこのようになります。結納、両家の顔合わせ、婚約指輪、結婚指輪、挙式、披露宴、新婚旅行、旅行のお土産代、これが結婚資金の内訳です。

最近は結納を省く人もいますし、新婚旅行も行き先によって金額が上下します。結婚資金を節約したい場合、一番削れるのは披露宴です。

質素にやるなら結婚指輪、挙式、新婚旅行、お土産くらいになりますね。これはお互いの価値観次第といったところですが、派手にすればキリがありませんので賢く節約してみるのもいいですね。

結婚資金がゼロの男は結婚できない?

結婚資金について見てきました。そこで分かるのは結婚を決めてから貯めるより、事前に貯め始めた方が苦労が少なくて済むということです。

結婚資金という名目でなくてもいいのです。単に貯蓄ということで銀行に貯金をしていればいいわけなので、それ以外に使うことも可能です。

女性にしても、結婚を意識した男性が全くの貯金ゼロでは不安です。結婚生活には何かとお金が掛かりますので、男性は特に貯金の習慣があった方がいいのです。

結婚資金がゼロの男性は結婚できないのか?といえばそんな事はありません。貯金ができないのなら、素直に認めて管理してもらえばいいわけです。

問題なのはお金がなくてもいい、という態度を取ることですね。女性は現実的に考える傾向があるので、そういう考えの人に対して結婚を意識しづらいかもしれません。

例えば、結婚相談所に登録した場合、男性は収入によりマッチングしにくい場合があります。女性が結婚をリアルに意識した時、収入や貯蓄も重要な要素になるということですね。

まとめ

結婚にかかる資金については、お互いに貯める、共同口座で貯める、などの方法があります。そして、結婚にかかる資金は節約することも可能です。

結婚までの資金も大事ですが、もっと大事なのは結婚後の生活に掛かるお金です。結婚資金を節約し、生活にかかる資金に回してもいいでしょう。

要はお互いに満足する結婚をするための資金を協力して貯めるということなのです。どちらかがストレスを感じるようではいけません。

よく話し合い、幸せな結婚生活が送れるように努力していきましょう。

※これからの結婚資金についてプロの意見もとりいれてこれからのお金のプランをたててみましょう!

お金のプロのファイナンシャルプランナーさんがこちらに来てくれるサービスが便利でオススメです。
⬇︎
ファイナンシャルプランナー無料相談

関連記事