コレナレ!お役立ち情報!
健康

体脂肪率とBMIの求め方を知ってスタイルケア!

Body scale

体脂肪率BMIの求め方が分からないという人も、求め方を知ることでスタイルケアに役立てることができます。

ダイエットするためにはまずは自分の体のことをよく知る必要があり、体脂肪率やBMIはそんな自分の体のことを知るための目安です。

今回は、体脂肪率やBMIについてご紹介致します。

手軽に求める方法もあるので、今まで求め方がわからなかった人もすぐに活用することができるでしょう。ぜひこれからのボディメイクの指標にお役立て下さい!

 

体脂肪率の求め方

体脂肪率の出し方は、(今の体重‐標準体重)÷標準体重×100です。この計算式で使われている標準体重は、身長(m)×身長(m)×22で求めます。

体脂肪率は、今の体重と身長さえわかれば計算で求めることができます。計算が面倒という人は体脂肪計を利用するのも良い方法です。

体脂肪計には、両手両足測定タイプと両足測定タイプがあり、両手両足測定タイプなら筋肉量なども知ることができます。両足測定タイプならただ乗るだけで体脂肪率を知ることが可能です。

近頃では手軽に計算できる無料アプリもあり、記録も可能なので便利に活用することもできます。

 

体脂肪率の求め方を知って理想の体型を目指そう!

体脂肪率の計算の仕方で求めた指数は、体重に対してどのくらいの割合で脂肪が蓄積されているのかを知ることができます。

ダイエットを考えている人は、この指数ができるだけ低ければ良いと考えている人もいるかもしれません。

しかし体脂肪率は高すぎると良くありませんし、低すぎるのもよくありません。体脂肪率は男性なら10%~19%、女性なら20%~29%が平均理想と言われています。

体脂肪率を減らしたいと考えている人は、この目安を目指して努力すると良いでしょう。

記事ピックアップ:「超簡単に生スムージーでダイエット!健康的に減量するためにはこれ」

体脂肪率の求め方を知ったら減らし方も知ろう!

体脂肪率を測ってみると目安の数値よりも高すぎる場合には少しでも早く減らしたいことでしょう。

体脂肪は加齢によって増加するケースもありますが、運動不足や筋力低下、アルコールの過剰摂取、カロリーオーバーの食事などによって増えてしまいます。

そのため、体脂肪率が高い人はまずは生活習慣の見直しが必要になります。

日頃から運動を心がけたり、カロリーを見直した食事をしたりするのも大切です運動では有酸素運動だけでなく筋肉量を増やす筋トレなどをするのも良いでしょう。

健康的な生活を送ることで体脂肪も徐々に減らすことができます。

 

体脂肪率だけでなくBMIの求め方も知っておこう

BMIは、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で算出できます。

BMIは肥満を判断するための目安とされる指数です。この指数を知ることでスタイルの改善にも役立ちますし、生活習慣や病気の予防、改善にも活用することができます。

この計算式で求めた指数の目安としては、18.5未満では痩せすぎ、18.5~25であれば標準、25~30で肥満レベル1、30~35では肥満レベル2です。

35~40で肥満レベル3、40以上では肥満レベル4と判定します。

 

体脂肪率とBMIの求め方を知って理想のスタイルになろう!

体脂肪率の計算方法で求めた数値で、体の中にどのくらい脂肪が蓄えられているかを知ることができ、BMIは今の身長と体重とのバランスから判断する指数です。

どちらか一方でダイエットをするのではなく、両方のバランスによって理想的な体を手にするのが良いでしょう。

 

まとめ

体脂肪率やBMIは計算式さえ知れば意外に簡単に求めることができます。もし毎回計算が面倒だと言う方は体脂肪計などを利用すれば計算なども必要ありません。

ダイエットしたい、理想のスタイルに近づきたいと考えている人はこの指数はとても重要な意味があるでしょう。

日頃からこれらの指数をしっかりとチェックして、理想のスタイルを手に入れましょう。

関連記事