コレナレ!お役立ち情報!
生活

いつから暖房を使うの?暖房なしの過ごし方もご紹介

Winter

寒くなると暖房器具をいつから使うのかと迷ってしまいますが、多くの人が気温や季節によって決めています。

みんながいつから使っているかを知ることで、気兼ねなく暖房を使うこともできるでしょう。

ここでは、いつから暖房器具を使うのか、暖房の設定温度、暖房器具を使わなくても暖かく過ごす方法などについて解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

暖房をいつから入れるかの目安

暖房器具をいつから使うのかは、生活をしている地域によっても異なります。

東北や北海道のような寒い地域では10月頃が一般的ですし、九州のような暖かい地域では11月中旬ごろが暖房を入れるタイミングとなっています。

またこの目安は気温を確認して、何度からエアコンを使うのかを決めている人も多いようです。

目安となるのは平均気温が20度以下になった頃で、15~16度くらいになれば暖房を使わないと過ごしにくいです。


いつから暖房を入れるのかは分かったけど設定温度はどのくらいがいいの?

設定温度は寒さを感じない程度に設定すればいいのですが、高すぎれば光熱費が気になります。

冬は光熱費が高くなってしまい、家計を圧迫してしまうこともあるでしょう。

この光熱費が気になるなら設定温度は20度程度が良いでしょう。光熱費を気にしない人は23度程度が適温です。

これでも寒さを感じる時には、重ね着などをするなどして対策をすることで、光熱費を抑えながら寒さ対策をすることができます。

いつから暖房を入れるかだけでなく上手く暖房を使う工夫も大切

暖房を入れて重ね着もすれば十分に寒さ対策になるのですが、その他の工夫をすることでより良い環境にすることができます。

暖かい空気は上に溜まりやすいため、サーキュレーターで上に溜まった暖かい空気を循環しやすくすることで部屋全体を暖めやすくなります。

厚めのカーテンにする、窓用の断熱シートを貼るなどすると暖房効果を高めることができるのでおすすめです。

またエアコンのフィルター掃除も大切です。エアコンのフィルターにゴミが溜まっている状態ではエアコン効率が低下します。

暖房を入れる前にしっかりとフィルター掃除をすることでエアコン効率が高まり、電気代の節約にもなります。

いつから使うかだけでなく暖房器具の使い分けも考えてみよう

寒い冬を過ごすためには部屋全体を温める必要があり、エアコンや石油ストーブなどを使います。

秋口であればエアコンや石油ストーブを使わなくても、スポット的に温められるホットカーペットやコタツなどで十分に暖かさを感じることができます。

ホットカーペットやコタツなら、いつから使うかを気にせずに少し肌寒いと感じた時から使うことができるでしょう。

エアコンや石油ストーブなどの使い初めに迷った時には、まずはホットカーペットやコタツから使ってみましょう。

いつから暖房器具を使うのか迷った時のおすすめの暖かく過ごす方法

暖房器具を使うには少し早いけど寒さを感じる時には、足湯や着る毛布、生姜湯などを試してみましょう。

家でも気軽に楽しめる足湯セットがありますし、毛布の素材を使った部屋着もあります。

生姜湯を飲むことで体を温めるのもよいでしょう。

ちょっとした工夫で肌寒い程度なら暖房器具を使わなくても快適に過ごすことができます。

まとめ

暖房器具を使うタイミングは、季節や気温によって決めている人が多いようです。

いつから使ったらいいのかと迷った時には、ホットカーペットなどの暖房器具を使うことで電気代の節約にもつながるでしょう。

肌寒い程度なら暖房器具を使わなくても、足湯や着る毛布などを活用することで快適に過ごすことも可能です。

暖房器具の使うタイミングをよく考えて、寒い季節を快適に過ごしましょう。



関連記事