コレナレ!お役立ち情報!
趣味

ベーキングパウダーの代用品を知って料理を楽しもう!

Baking powder

ベーキングパウダーがない時には、何か代用できないかと悩みますが、代用できるものは意外に多いです。

代用品や上手い作り方を知ることで、今まで以上にお菓子作りもしやすくなるでしょう。

ここでは、ベーキングパウダーの代わりになるモノについて紹介していますので、悩みもすぐに解消できます。

 

ベーキングパウダーの代用品をご紹介

ベーキングパウダーの代用品があるのかと気になりますが、意外に身近なもので代用してお菓子作りを楽しむことができます。

ベーキングパウダーとは、ふくらし粉とも呼ばれ、主成分は重曹で、そこに酸性剤と遮断剤を添加して作られ、小さじ一杯程度の少量でも良くふくらむように作られています。

水を混ぜることで重曹と酸製剤が反応して炭酸ガスを発生させます。この炭酸ガスによって生地をふくらませることができます。主成分である重曹だけでも代用可能です。

ただ、重曹には工業用と食用があります。重曹は油汚れや手垢などの汚れに有効な成分で掃除にも良く活用されていますが、掃除用のモノは工業用が多いです。使う時には食用の重曹を使うことが大切です。

重曹は、スコーン、蒸しケーキ、ドラ焼、マフィンに最適です。

お菓子作りであればホットケーキミックスが便利で、成分は薄力粉やふくらし粉砂糖などが使われ、あらかじめ必要なモノが混ぜられているので、ドーナツも手軽に作ることができるでしょう。

パンを焼く時にはドライイーストを使いますが、発酵時間にさえ注意すればお菓子作りにも活用することができ、ベーグル作りでも活用可能です。

その他にもおクッキーなどであれば片栗粉で代用できますし、二酸化炭素が入っている炭酸水を活用するのも良い方法です。炭酸水を使ってリンゴ蒸しパンを作ることもできます。

 

ベーキングパウダーの代用品を使ったお手軽レシピをご紹介

代用の中でも便利に活用できるのがホットケーキミックスで、この粉を130g、バター90g、ココアを小さじ1用意するだけで、美味しいクッキーを作ることができます。

レシピは、ボウルにバターを入れて白っぽくなるまでよく混ぜてから、ホットケーキミックスとココアを入れてさらに混ぜます。

よく混ぜたら、ラップの上に生地をのせて棒状にしてから冷蔵庫で1時間冷やします。冷やしている間にオーブンを170℃で予熱しておきましょう。

天板にクッキングシートを敷いたら、生地を1センチ幅で切って並べて、オーブンで20分焼いたら完成です。

 

ベーキングパウダーの代用品で美味しいお菓子を作ろう

上記で紹介したモノがなくても、卵をメレンゲのように泡立てることでふっくらと仕上げることも可能です。

この方法で、パウンドケーキ、パンケーキ、シフォンケーキ、ロールケーキ、ガトーマジックなどを作ると良いでしょう。

カップケーキなら、アーモンドプードルで作れますし、チャンククッキーならてんぷら粉でも代用可能です。

蒸しパンを作るときには、生おからを活用できます。このように、意外に様々なモノが活用できることが分かります。

 

ベーキングパウダーの代用品を使うメリット

ふくらし粉はとても便利な添加物ですが、この添加物には硫酸アルミニウム(ミョウバン)が危険成分としてよく取り上げられます。

この成分を数十グラム以上摂取すると、下痢や嘔吐などの症状を引き起こすとされています。

一度に多くの量を摂取しなければ危険性はありませんが、代用品を使うことで危険な成分が含まれない安全なお菓子作りを楽しむことができるでしょう。

 

ベーキングパウダーの代用品は必要?

ふくらし粉は、化学反応によって二酸化炭素を発生させて生地をふくらますための添加物です。

上記で様々な代用する方法を紹介しましたが、中には卵をメレンゲ状にしてふくらます方法もありました。

このことからも分かるように、生地を作る時に上手く空気を多く含むように作れば、そもそも添加物を使わなくても料理を作ることは可能です。

手元に何も代用品がない時には、内部に多くの空気が取り込めるような工夫をしてみましょう。

 

まとめ

意外に代用できるモノは多く、様々な料理ができますし、安全性が高いお菓子作りも可能になります。

ただ、上手く空気を取り入れることができれば、何も使わなくても良い仕上がりになります。

代用品や上手い作り方を知ることで、お菓子作りも楽しみやすくなるでしょう。

関連記事