コレナレ!お役立ち情報!
健康

山芋は食べ過ぎると危ない?理由と症状を紹介!

Girl in pain

山芋の食べ過ぎは体に良くないといった話を聞いたことはありませんか?便秘や高血圧に効くといわれている山芋ですが、摂りすぎは別の影響も引き起す可能性があります。

中には山芋が大好きで、とろろをはじめとした山芋を使った料理を毎日食べている人もいるかもしれません。しかし、どんなものであれ好きなものを食べ過ぎる事は体によくありません。

今回は、山芋の食べ過ぎによって起こる症状と、原因を紹介します。いつも山芋が好きで毎日食べる事もある人は、一度目を通しておくことをおススメします。


山芋を食べすぎると危険?

まず大前提ですが、普通の人は山芋を食べ過ぎたと言って人体に危険な影響が出るという訳ではないのです。脂肪分のように蓄積して体に影響を及ぼす成分もないので、山芋の食べ過ぎが直接害にはなり得ません。

じゃあ気にせず食べていいのかというと、どんなものにせよ毎日大量に摂取し続けるというのは控えるべきです。体にいいとされる栄養素も、取りすぎれば逆効果になってしまうからです。

また、一部の人は山芋を食べる事自体を避けたほうがいい場合もあります。対象となる人は、次の見出しで紹介していきます。

山芋を食べ過ぎてはいけない人

以下の人は、出来る限り山芋を食べないようにするべきです。

山芋アレルギーになる人

山芋にはアレルギー物質が含まれており、人によっては一口食べただけで症状が出てしまいます。以下のような症状が出た人は、アレルギーを疑ってください。

  • かぶれ
  • 肌の赤み
  • 湿疹
  • じんましん

基本的には肌に現れるものですが、万が一食べた事でのどが腫れ上がってしまうと呼吸困難に陥る危険性もあります。特に小さい子どもはアレルギーに気づきにくいので十分注意してください。

もともと下痢気味の人

山芋は腸の働きを助け消化をよくし、便秘にも効果がある事が知られています。ですが、つまっていたうんこが出やすくなるという事は、下痢気味の人にとってはそれを悪化させてしまう事にもなります。

さらには食物繊維が豊富な山芋はおならを多発させる原因にもなります。両者が合わさると大事な場面でとても困る事になるので、自分の体調を理解した上で山芋を食べるようにしましょう。


山芋を食べ過ぎるとどうなる?

上記のような人以外は山芋を少しくらい食べ過ぎてもすぐに体に影響は出ません。ただし、山芋を慢性的に摂取し続けるとやはり良くない影響をもたらします。

例えば、普段は下痢にならない人でも山芋を長期的に食べ過ぎる事でお通じがどんどん改善されていきます。そうすると、少し体調が悪いだけでも下痢になってしまう可能性があるのです。

アレルギーに関しても、今まで大丈夫だった人が食べ過ぎによって突然アレルギーを発症するというケースがあります。一度発症してしまえば、その後は満足に山芋を食べる事も出来なくなるでしょう。

このように、長期的に見ると山芋の摂りすぎは何らかの形で良くない影響を及ぼすこととなります。しかし、主食とも違う山芋を取りすぎてしまう原因とはいったい何なのでしょうか。

山芋を食べすぎる理由

特別大好物でもないのに山芋を食べ過ぎてしまう人は、以下のようなケースが考えられます。

ダイエット中

山芋は低カロリーなのでダイエット食としては最適です。日々の献立を低カロリーにしようとするあまり、いつも山芋に頼って結果的に食べ過ぎになるケースは多いでしょう。

とろろをよく食べる人

まるで別の食べ物のように感じますが、とろろの成分は山芋です。特にとろろご飯が大好きな人は多いと思いますので、毎日ご飯にとろろを乗せて食べていると、気づかないままに山芋を摂りすぎてしまいます。

これらの原因で山芋を食べ過ぎが懸念される人は献立を変えるなどして摂取を控えましょう。特にアレルギーは、一度発症すれば手遅れになってしまいます。

山芋を食べ過ぎてアレルギーが出たらどうする?

山芋を食べてアレルギーを発症した可能性がある場合は、すぐに病院に行って医師の判断を仰ぎます。似たような症状がてたからと言ってアレルギーとは限りませんが、放置すれば命にかかわる場合もあります。

残念ながら今現在アレルギーに対する治療薬は存在しませんので、医師の診断の後は可能な限り山芋を排除した生活を送る事を余儀なくされます。スーパーの材料表示にはより気を配らなければなりません。

一応まだ小さいうちであれば、適切な負荷試験で耐性を獲得できる場合もあります。その際は必ず医師と相談したうえで実施し、独断行動は絶対にやめましょう。

まとめ

山芋自体には食べ過ぎる事で人体に危険が及ぶ成分は入っていません。しかし、便秘改善が度を越して下痢の原因となったり、山芋アレルギーの人は湿疹などの症状が出たりする事が考えられます。

健康な人でも、長期的に山芋を摂取しすぎたためにアレルギーを発症する可能性があります。その際はすぐに病院に行き、医師の判断を仰位でください。

確かにとろろをはじめとした山芋類はおいしい上に栄養価も豊富でつい食べ過ぎてしまう事もあるでしょう。しかし、一度アレルギーが出てしまったら、どんなに好きでも以前のように食べる事は二度とできません。

自分の好きなものを長く食べ続けるためにも、食べる量や頻度はほどほどにしておくのが賢明です。

関連記事