コレナレ!お役立ち情報!
生活

テフロン加工のフライパンは安全?注意点や選び方

Frying pan

テフロン加工のフライパンの安全性が気になりますが、使われている素材などによっては注意が必要です。

良い選び方や使い方をすることで、安全に長く使えるようにもなります。

ここでは、安全性や選び方、扱い方などを紹介していますので、悩みもすぐに解消できるでしょう。

 

テフロン加工のフライパンは安全?

テフロン加工のフライパンの安全性はどうなのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

「テフロン加工」は、デュポン社の商標登録で、通常は「フッ素樹脂加工」と呼ばれます。

フッ素樹脂加工をされていると、加工されていないものと比べてくっつきにくいのが特徴なのですが、PFOA(パーフルオロオクタン酸)が使われたものは、アメリカで発がん性が指摘されています。

フライパンが焦げ付かないようにするためのコーティングは、アルミなどの基材の上にハード下地コーティングとPTFEの2層で形成しています。

このPTFEを接着するための助剤としてPFOAが使われています。

PTFEの使用可能温度は、230~260℃までとされ、加熱しすぎると有毒ガスが発生すると言われています。

PTFEが使われていないものを選ぶのが最も良いのですが、使われているものを使用する時には強火は避ける、空焚きはしないなど、使い方に注意する必要があります。

 

テフロン加工のフライパンを長持ちさせるコツ

テフロン加工はとても便利なのですが、すぐに焦げ付いてしまう人もいるのではないでしょうか。

適切な使い方やケアをしていないとすぐに駄目になってしまいます。

長持ちさせるコツとしては、

  • 強火や空焚きを避ける
  • 金属製のヘラなどを使わない
  • 使ったらすぐに洗って乾燥させる
  • 洗う時には優しく洗う
  • 重ね置きをしない

などがあります。

フッ素加工は高温に弱いので強火で使ったり長時間の空焚きしたりすると寿命を縮める原因となります。

そのため、揚げ物をするときには使わない方が良いでしょう。酢を使うと劣化の原因となるのではと心配な人もいるでしょうが、家庭料理での範囲内なら問題はないでしょう。

金属製のヘラを使ったり、重ね置きをする、ゴシゴシ洗ったりすればフッ素樹脂がはがれる原因です。

フッ素樹脂加工の表面には小さな穴があるのですが、調理後にそのまま放置していると油などが染み込んでしまい、これもフッ素樹脂がはがれる原因となります。

そのため、使った後は早めに表面を傷めないように優しく洗うことが大切です。

 

テフロン加工のフライパンの選び方

選ぶときには、ステンレス多層のもの、鉄製を購入することで安心して使えるのですが、調理の時や手入れが大変と感じることがあります。フッ素加工なら調理も手入れも楽です。

そんなフッ素加工のものを選ぶときには、PFOAフリーのものを選びましょう。

ティファールなどが採用しているチタンコーティングなら、テフロン加工と同じように使えて安全性も高いです。

また、テフロン加工には、星1~星6までのグレードがあり、星の数が多いほど耐久性も高いです。

サイズは、1人暮らしや2人暮らしであれば20~24cm、2~3人家族なら26cm、4人以上なら28cmがおすすめです。

熱源がガスか電気かによって、対応しているものを選ぶ必要もあるでしょう。

後は、軽さをチェックすることで、良いフライパン選びをすることができます。

近くのお店では品揃えが限られていることもありますが、Amazonや楽天などの大手通販サイトを活用することで、自分に合ったものを選んで購入することができるでしょう。

 

テフロン加工のフライパンは調理後すぐに水につけるのもよくない

調理後にはそのまま放置するのではなく、熱々のフライパンを洗い桶などにつける人もいるでしょう。

これなら小さな穴の中に油などが染み込まないので良いのではと思ってしまう人もいるかもしれませんが、急激に冷やすことで金属が歪み、テフロン加工が剥がれる原因となってしまいます。

調理後すぐに洗う時には、なるべく熱いお湯で洗うことが大切です。このことで長持ちさせることにもつながるでしょう。

 

テフロン加工のフライパンと鉄製の2枚揃えるのも良い方法

テフロン加工は強火を避ける必要があるのですが、調理法によっては強火が必要な時もあります。

無理に強火で調理をしていれば寿命を縮めてしまいます。

そこで、強火は必要ない調理用と強火用の2枚揃えることで、様々な料理に対応することができます。

テフロン加工のもの安全に長く使うためにも、強火でも安心の鉄製のものなどを購入しておきましょう。

 

まとめ

テフロン加工でも、PFOAが使われているものは発がん性が指摘されていることから避ける方が良いでしょう。

強火や空焚きを避ける、熱いうちに水につけないなどの工夫をすることで長持ちさせることも可能です。

購入する時には、PFOAが使われていないものを選ぶ、グレードを基準にする、使いやすさをチェックして選ぶと良いでしょう。

テフロン加工のものだけでなく、鉄製のものも購入しておくと強火が必要な料理も作りやすくなります。

テフロン加工のフライパンをうまく使うことで、料理を楽しく作ることができるようになるでしょう。

関連記事