コレナレ!お役立ち情報!
趣味

スーツケースにペットボトルを入れて持ち込み可能?

Bottled water

飛行機ではスーツケースにペットボトルを入れても良いのかと気になりますが、基本的には問題ありません。

ただ、持ち込みの仕方によっては不可であったリ、制限がある、追加料金が発生したりすることもあります。

ルールやマナーを知っておくことで、嫌な思いをすることなく旅行を楽しむこともできるでしょう。

ここでは、機内にペットボトルを持ち込むことについて解説しますので、飛行機に乗る前のちょっとした悩みもすぐに解消できるでしょう。

 

スーツケースにペットボトルを入れて持ち込む場合は大丈夫!

海外だけに限らず、国内でもスーツケースにペットボトルを入れて搭乗しても良いのかと気になりますが、基本的に預け荷物での持ち込みは可能と考えておいてよいでしょう。

ペットボトルの中身が水であればチェックの対象とはならないようです。

ただ預け入れ荷物には重量制限があります。

ペットボトルは意外に重く、多く入れすぎると重量オーバーとなって追加料金を請求される可能性もあるので注意しましょう。

 

スーツケースに入れずにペットボトルを持って入れることはできるの?

預け荷物としてではなく、手荷物として持ち込むときには容量に制限があり、国際線では100mlの液体は持ち込み禁止です。

ただ、手荷物検査後に買った飲み物であれば、100mlを超える飲み物であっても持ち込むことが可能です。

そのため、事前に用意するよりも検査後に買った方が良いでしょう。

 

スーツケースにペットボトルを入れると破裂しないの?

預け荷物では破裂しないのかと心配になる人もいるかもしれません。

飛行機では気圧の変化も起こりますし、海外は荷物の取り扱いが乱暴なところも多く、衝撃によって水が漏れてしまい、衣類が水浸し気になるのではと心配する人もいるでしょう。

しかし未開封であれば基本的には破裂の心配はないとされています。不安がある人はビニール袋に入れるなどの方法で水漏れ対策をすると安心です。

 

なぜスーツケースに入れる場合は良くて、ペットボトルを手持ちで持ち込むのは制限があるの?

機内に持ち込む際には容量に制限があり、検査前に買ったものは破棄されることもあります。

このことに疑問を感じている人もいるでしょう。

ここまで機内の持ち込みを厳しくするのはハイジャックを防止するためです。

液体は水やジュースだけでなくガソリンなどもあります。ガソリンを機内に持ち込んで点火させる可能性も考えられ、機内への液体の持ち込みは厳しく制限されます。

 

スーツケースにペットボトルを入れて持って行かなくても現地で水を購入しよう!

海外の水は日本の水とは違います。この違いから、海外で水を飲むとお腹を壊してしまう人も多く、日本で買った水を持って行きたい人もいるでしょう。

ただ、あまり多く持っていけば重量オーバーとなってしまいます。

海外旅行では日本で水を購入するよりも現地で水を購入した方が良いでしょう。

この時には、できるだけカルシウムやマグネシウムのミネラル分が少ないものを選びましょう。

日本の水は軟水と呼ばれ、この水に慣れている日本人には、硬水と呼ばれるミネラル成分が多い水はお腹を壊しやすいです。

海外のお店でお水を買う際には、売られている水の成分表をチェックして、マグネシウムとカルシウムの含有量が最も少ないものを選ぶと安心です。

ミネラル分が少ないほど日本の水と同じだと感じやすく、同じメーカーのミネラルウォーターを買うことで水になやまされることもないでしょう。

海外で水を調達できるのであれば、日本から持って行く必要もなくなり、水のことで余計な心配もしなくて済みます。

 

まとめ

預け荷物の扱いであれば問題なく持ち込めますが、多く入れ過ぎると重量オーバーとなって追加料金が発生するので注意しましょう。

ただ、海外旅行先で軟水の水を購入できるのなら、わざわざ日本から水を持っていく必要もないでしょう。

旅行先によっては液体に対して厳しい制限を設けている国もあるので、できるだけ現地でミネラルウォーターを購入するのが得策です。

機内でのマナーや旅行先の状況もよく確認することで楽しい旅行を楽しむことができます。

関連記事