コレナレ!お役立ち情報!
子育て

不登校の対処法:小学生版

勉強する少女

不登校の小学生は、中学、高校に比べ少ないと言われています。しかし、実際思春期になるにつれて小学生の間でも登校拒否になってしまう子供が多くなります。

小学生の子供が不登校になる原因とは、どんなことが考えられるのでしょうか。そこで、小学生の不登校の原因についてまとめてみました。

小学生の不登校の原因:環境の変化

小学生の不登校の原因として、環境の変化が影響している場合があります。親と離れて過ごすことが増えた、難しい勉強についていくのが困難になった、など、その理由は様々あります。

特に、小学校低学年の子供の場合そうした理由が多くみられます。その場合には環境に慣れるにつれて不登校解決に繋がることがあります。

小学生の不登校の原因:人間関係

小学生の不登校の原因には、人間関係が複雑になったことが理由の場合があります。子供は成長するにつれ、グループを形成し、上下関係が芽生える傾向にあります。

すると、友達との関係で悩みが生まれ、不登校になってしまう子供が多くみられます。中にはいじめに繋がるような問題もあるので、親と学校側で対処する必要があります。

小学生の不登校の原因:親のプレッシャー

小学生の不登校の原因として、親からのプレッシャーが影響していることがあります。勉強や部活動など、親が干渉しプレッシャーをかけ過ぎると、ストレスに感じてしまう子供もいます。

そのため、親からのプレッシャーは子供が登校拒否になるリスクを高めてしまうことを知っておきましょう。

小学生の不登校の原因:思春期

小学生の不登校の原因には、思春期による気持ちの問題があります。思春期になると友人関係のトラブルなどが起きやすく、子供が悩みを抱えることに繋がります。

そのため、小学校高学年になると不登校になる子供が増加する傾向にあります。

では、子供が不登校になってしまった場合にはどのような対応を取るべきなのでしょうか。

小学生の不登校の対処法とは?

小学生の子供が不登校になってしまった場合には、不登校の原因を親が理解することが大事です。とはいえ、無理に聞き出そうとするのではなく、子供が話せる環境を作ってあげましょう。

無理に学校へ行くよう説得すると逆効果になってしまう場合もあるので、まずは原因を理解することが最善です。

まとめ

小学生の不登校は、ブログを利用して日記を書いている子供もいます。不登校でその後の人生に影響があることを心配する親も多いので、子供の気持ちを知るよう心がけましょう。

不登校の子供には、優しい言葉をかけるなどの方法で、原因を話す環境を作ってあげることが大事なのではないでしょうか。

 

不登校対処にオススメの本

関連記事