コレナレ!お役立ち情報!
学習

登録販売者取得の勉強方法とは?独学でOK?

勉強中

スーパーやドラッグストアでは必須とも言える登録販売者試験に合格するための効率の良い勉強方法を解説します。正社員だけでなくパートやアルバイトでも時給アップが狙える登録販売者。需要が増えている人気の資格です!

登録販売者試験のおすすめ勉強方法は?

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局での一般用医薬品の販売に必要な資格です。正社員やパート、アルバイトでも資格保有者なら給料アップが望めるお得な資格でもあります。

そんな登録販売者ですが、試験に合格するためにはどんな勉強方法が望ましいのか、これから始める人には分からないと思います。まず、登録販売者の試験は医薬品の作用や法律など、販売に必要なものが出題されます。

勉強方法ですが、厚生労働省が手引きを作成しており、問題は全てそこから出題されます。そのため、基本的には独学がおすすめです。

登録販売者試験の勉強方法・独学でも合格できる?

登録販売者は独学でも合格は可能です。先ほどの書いたとおり、厚生労働省が手引きを作成しているので出題範囲は分かるからです。テキストは色々と販売されているので、自分に合いそうなものを選びましょう。

医薬品の作用や法律など、普段の生活では使わない知識なので覚え方のコツが分かるまでは苦労するかもしれません。諦めずにテキストを読み込んで覚えるのが効率の良い勉強の仕方です。

勉強の時間はそれなりに掛かりますが、通信講座などでお金を掛けずに独学でも合格できるのは魅力的です。

登録販売者試験の勉強方法・独学での勉強期間は?

登録販売者に独学で合格するために必要な勉強期間はどれくらいでしょうか?これは人によってマチマチではありますが、短い人なら数ヶ月でも合格しているようです。

登録販売者の試験は8月から12月までの期間、各都道府県で行われます。年に一度の試験なので、それに合わせて準備する必要があります。試験の申し込み期間もあるので、試験を受けることを決めた時点でテキストを準備しましょう。

1ヶ月で合格した人が居るからといって、自分もそれくらいで大丈夫と思わずに長い期間を使うことが大事です。半年から1年程度の準備期間があればテキストを読み込む時間も持てると思います。

登録販売者の勉強方法はとにかく過去問!

登録販売者に合格するためには、テキストだけでなく過去問がかなり重要になります。最低でも3年分の過去問は解いておきたいところです。まずはテキストを読んで、過去問を解き、不正解の部分を重点的にテキストでおさらいしましょう。

大学受験の勉強と同じような感じで考えればいいと思います。テキストは何冊も用意せず、同じものを何度も読んだ方が覚えやすいのでおすすめです。

テキストを読み込んで丸暗記しただけで試験に臨んでも、なかなか合格するのは難しいので、止めておきましょう。過去問を解く場合は、問題を記憶しては意味が無いので、問題文を理解して覚えた知識を使うようにしましょう。

登録販売者試験の勉強方法・通信講座は使える?

登録販売者の勉強方法として、通信講座はどうでしょうか?資格や検定は通信講座で勉強する人もたくさんいます。メリットもあればデメリットもあるので自分に合いそうなら検討してもいいかもしれません。

メリットは、テキストや問題集がセットになっていることです。講座によっては動画での授業などもあり、効率の良い勉強ができます。平日の昼間に働いている人は、勉強の時間も取りづらいので、講座を利用するのも一つの方法です。

デメリットは何しろお金が掛かることです。独学の場合はテキストや問題集のお金で済みますが、講座の場合はその何倍も掛かってしまいます。また、せっかく講座に申し込んでも、忙しかったり、体調を崩したりして試験を受けられなければ無駄になってしまいます。

資格や検定の勉強は、自分でしっかりと計画を立てることが重要なので、それができるなら講座を使わなくても問題ありません。

まとめ

登録販売者の勉強方法については、まずは独学してみるのがおすすめです。テキストや過去問を中心に、勉強時間をしっかりと確保しましょう。

もし独学がどうしても不安な場合は講座を検討するのもいいと思います。その場合は、掛かるお金をしっかりと理解して無駄にならないように気をつけましょう。

医薬品についての知識を覚える必要があるので、難しいのでは?とか覚えられるかな?と不安になるかもしれません。それでも、時間を掛けてしっかりと勉強すれば独学でも登録販売者に合格することは可能です。

正社員だけでなく、パートやアルバイトでも使える資格である登録販売者、持っておけば何かと便利な資格です。

関連記事