コレナレ!お役立ち情報!
趣味

オーブンの余熱と予熱の違いを知って料理を作ろう

Kitchen

オーブン料理は少し難しいと感じますが、余熱と予熱を上手く使いこなすことがコツです

上手く使いこなせばレシピ通りの料理を作ることもできますし、失敗も減らすことができるでしょう。

ここでは、予熱の仕方、余熱と予熱の違い、その重要性について紹介します。

すぐに読める内容となっているのでぜひ最後までお読みください。

 

あなたはオーブン料理では、余熱の活用よりも予熱の方が重要であることを知っていますか?

オーブン料理で余熱を活用する前に、予熱の意味をよく知っておきましょう。

予熱をする意味は、内部温度を適温にするということです。

これはエアコンなどでもおこなわれます。暖房を入れてすぐに風を送っても冷たい風しか出てきません。内部を温めてから風を出すことで、冷たい風を出すことなく暖かい空気を部屋全体に送ることができます。

予熱は本来の機能を果たすために事前の準備を行うことです。

テレビや冷蔵庫、洗濯機や扇風機などの家電では、電源を入れるとすぐにその機能を果たしてくれます。

しかし、この機能を活用するためには事前準備が必要で、食材を入れてスイッチを入れただけでは十分な効果は得られません。

事前準備をすることで内部の金属部分をしっかりと温めることができて、食材をまんべんなく火を通すことができます。

 

オーブンの余熱を活用する前に、予熱時間の目安を知っておこう

今までこの調理法で料理をしたことがない人は、使っていれば自然と温まるので、事前に温めなくても問題ないのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、上記でも紹介した通り、内部を温めるためには時間がかかります。

一般的な商品では、180℃の内部の温度にするのに30分程度必要です。

調理時間が40分の調理をするときに内部を温めることもなく入れてしまうと、内部が温まるまでに30分もかかることから、実質の調理時間は10分程度となります。これでは調理に失敗しても仕方ないことでしょう。

ケーキなどを作るときには、予熱前に生地を作ってしまうと、卵の気泡が崩れるなどして焼き上がりが上手くいかないこともあります。

調理をするときには事前準備にどのくらいの時間が必要なのかを把握して、事前準備が終わるタイミングで生地が仕上がるようにすることも大切です。

料理をするときには内部を温める事前準備をするだけでなく、予熱時間も考慮しながら調理を進めることも必要です。

 

どのオーブンでも余熱は活用できますが予熱は商品によって違う

そもそも予熱をするやり方が分からない人もいるでしょう。

最近では「野に遺賢あり」とよく言われるようになっていて、これは気づかないところにも優れた人材がいるという意味です。

このことは家電も同じで、最近の商品には様々な機能があるのですが、その機能をほとんど活用していない人も多くいます。

ほとんどの商品で予熱機能を搭載していて、内部を温めるにはこの機能を使います。

この機能は商品によって設定の仕方が異なりますが、通常は機能選択することで、予熱をするかしないかの選択もできる種類が多いようです。

今持っている商品にこの機能があるかどうかわからない人は、まずは取扱説明書をよく確認しましょう。

機能を搭載していない場合には、希望する温度になるまで待ってから食材を入れます。

温度表示機能もない場合には、専用の温度計を購入して、設定温度になっているかを確認してから食材を入れるようにしましょう。

 

オーブン料理の予熱機能と余熱以外のコツをご紹介

調理を成功させるには予熱をすることがコツになるのですが、その他にも失敗しないコツがあります。

その一つが、せっかく温めた熱を逃がさないことです。せっかく予熱したのに開閉時に時間がかかると熱が逃げてしまい意味がありません。

食材を入れるときには素早く入れて熱を逃がさないようにしましょう。

また付属している天板(角皿)がある場合には、必ず使うことが大切です。

底に置いて調理をすることも可能ですが、これでは熱をまんべんなく通すことができません。

天板を使うことでむらなく熱を伝えることができます。

 

オーブン料理を作る時には予熱と余熱を上手く活用しよう

美味しい料理を作るためには、オーブンの事前準備だけでなく、余熱も上手く活用することが大切です。

予熱は内部を適温にすることですが、余熱は調理後に余った熱のことです。

この調理法を活用するときには温度や調理時間の設定がポイントになります。

温度や時間が上手く設定していないと、焼き過ぎたり火が通っていなかったりと失敗の原因になります。

意外に難しいこの機能を使った調理ですが、余熱を上手く活用すれば失敗も減らすことになるでしょう。

 

まとめ

オーブンは予熱をしてから使う機能です。

この事前準備をしてから使うことでレシピ通りの調理をすることができるようになります。

いつも焦げてしまうという人も時間設定を短めに設定をして、内部の余熱を上手く利用することで食材に火を通すことができます。

せっかく買った食材を無駄にしないためにも、オーブンの使い方をマスターして美味しい料理を作りましょう。

 

 

関連記事