コレナレ!お役立ち情報!
生活

月極の読み方を一般常識として覚えておこう!

Parking

月極駐車場の月極は、多くの人が読み方が難しいと感じるようですが、一般常識として覚えることが大切です。

この漢字の読みは一般常識でもあり、覚えることで読めなくて恥ずかしい思いをすることもなくなるでしょう。

ここでは、読み方や意味、この漢字が使う理由などについて紹介していますので、悩みや疑問もすぐに解消できます。

 

月極の読み方だけでなく意味も知ろう

駐車場の看板に「月極」と注記があり、「読み方がわからない」、「げっきょく?と読むの?」と感じた人もいるでしょう。

読み方は「ツキギメ」で、月極とは「1ヶ月単位の契約」の意味です。この言葉が注記された駐車場は、「この場所は1ヶ月単位で契約する駐車場です」という意味になります。

この言葉は、駐車場だけでなく、オフィスや会議室などのスペースを貸している業者でも、使われます。

会議では、スムーズに話を進めるためにも、アジェンダ(予定表)の作成が重要ですが、このアジェンダを作成しておけば、貸し会議室でもよい話し合いをすることができます。

 

なぜ月極という読み方をするのか?由来を知ろう

「極」は、頂点、限界などの意味で、「なぜこの漢字を使うのか」、「由来が気になる」、月単位で支払いを決めるという意味なら「決め」でも良いのではと思う人もいるでしょう。

今の「極」の意味では、疑問を感じるかもしれませんが、江戸時代から戦前までは、この漢字を「キマル」、「キメル」と読んでいました。

その後、この読み方が廃止されたために多くの人が読みにくい感じとなりましたが、昔の読み方が今でも残って使われています。

 

読み方が難しい「月極」ではなく「月決め」ではダメなの?

読み方が簡単な「月決め」ではいけないのかと思う人もいるでしょう。

しかし、この駐車場は「1ヶ月単位での契約」なので、「決め」を使うと、「1ヶ月単位で決める」となって、意味が変になってしまいます。

「極」は「約束する」の意味で昔は使われ、「1ヶ月単位で約束して活用できる駐車場」という意味で今でも使われているようです。

 

「月極」の読み方は学校では教えてくれない?

「極」の常用漢字としての読みは、音読みで「キョク・ゴク」、訓読みで「きわめる・きわまる・きわみ」です。

そのため、学校で習った読み方では、読めなくて当然かもしれません。

しかし、駐車場でよく使われていることからも、「ツキギメ」という読み方は、常識的な読み方と言えるでしょう。

学校で教わらなくても、一般常識としてこの読み方を覚えておく必要があります。

 

月極という読み方なのに実際には数ヶ月は借りる必要がある?

月極駐車場は、「1ヶ月単位の契約の駐車場」の意味なのですが、実際に契約するときには、数ヶ月分を前納、数ヶ月は解約ができないケースもあります。

なぜこのような契約となるのかと疑問を感じる人もいるでしょうが、これは車庫証明書が関係しているようです。

車を購入するときには、適切な場所で車を保管する義務があるために、車庫証明書の提出が求められます。この車庫証明書を提出するために、月極駐車場を利用する人も多いです。

この駐車場を車庫証明の登録をすれば、3ヶ月は新たに登録ができなくなります。

車庫証明を取得してすぐに解約すると犯罪になることもありますし、管理会社も注意される可能性もあることから、数ヶ月間は解約できないなどとしていることろもあるようです。

 

まとめ

「ツキギメ」の読み方は、常用漢字としての読みではないために、読めない人も多いです。

今は常用漢字としての読みはなくなりましたが、昔は一般的な読み方として使われていました。

今でも使われていることから、一般常識として覚えておきましょう。

1ヶ月単位の契約という意味があるのですが、犯罪などを防ぐために、月極となっていても数ヶ月単位の契約となることもあります。

一般常識として読み方を覚えておくことで、読めなくて恥ずかしい思いをすることもないでしょう。

関連記事