コレナレ!お役立ち情報!
生活

ケンタッキーの揚げたてが食べられる方法や注意点

KFC

ケンタッキーの揚げたてを食べられるのかと気になりますが、いくつか方法はあります。

利用しやすい方法を選ぶことで、今まで食べたことがないチキンが楽しめるでしょう。

ここでは、揚げたてを食べる方法や注意点を紹介していますので、揚げたてを食べられるのかと気になっていた人もすぐに悩みが解消できるでしょう。

 

ケンタッキーの裏メニューの「揚げたてチキン」を手軽に食べる方法

ケンタッキーのお店のメニューには表示されていませんが、揚げたてチキンを食べる方法はいくつかあります。

その一つが、開店時間にお店に行くことです。

スタッフが出勤するのは、開店の1時間前となっているようで、開店時間にお店に行くことでできたてを食べることができます。

ケンタッキーモーニングの実施店であれば朝の7時頃、通常点では朝の9時頃が開店時間なので、揚げたてが食べたいときには、この時間を目安に出掛けると良いでしょう。

 

ケンタッキーで揚げたてを食べる方法はタイミングがポイント

お昼時は良く売れることから、お昼前は新しいチキンを作るタイミングでもあります。

ただ、売れ残りからさばいていくため、お昼前に行くと売れ残りを渡される可能性が高いです。

そのため、揚げたてを食べるためには、12時を少し過ぎたぐらいがちょうど良いでしょう。

時間があれば、スタッフに揚げたてがいつできるかを聞いて待つ方法もあります。この方法なら確実に揚げたてを食べることができるでしょう。

 

ケンタッキー電話予約できる?

ケンタッキーでは、全てのデリバリー対応店舗で電話での予約・注文サービスを受け付けています。

ケンタッキーのクリスマスの数量限定メニューなどでは売り切れることもあるので、早めに予約をすることが大切です。

ネットの掲示板サイトでは、揚げたてを希望したら拒否された人が、「お店の規定で揚げたてを提供しないように決まっているのか?」というような質問をしています。

この質問に対して、「揚げたてを提供してはいけないという規定はない」、「一から作ると30分程度時間かかるから」、「調理数は一回18ピース以上と決まっている」などの回答がされています。

揚げたてを作るときには時間がかかりますし、1ピースのために18ピースを作ってしまうと、17ピース余ることになります。

常に多くのお客がいるお店なら、残りの17ピースもすぐに売れるかもしれませんが、そうでないお店では無駄になってしまうため、対応していないお店も出てくるでしょう。

突然、お店に立ち寄って揚げたてをくださいと言っても、お店は対応できないため、電話予約を活用するのも良い方法です。

電話予約の際に「揚げたて希望」と伝えておくことで、引渡し時間に合わせて調理してもらうこともできるでしょう。

電話をかけることで通話料は必要になりますが、ちょっとした手間と料金で揚げたてを入手することができます。

 

ケンタッキーの揚げたては美味しくない?

フライドチキンは、揚げたてが一番おいしいと思っている人も多いことでしょう。

しかし、ケンタッキーでは、高温でカリっとさせるのではなく、柔らかい食感が特徴です。

これは圧力釜を使って低温で時間をかけて揚げることでこの食感が生まれますが、作り立ては、油がギトギトであまり美味しくないとも言われています。

そのため、揚げたてでも、少し時間を空けた方が美味しく食べることができるでしょう。

 

ケンタッキーは電話注文すれば必ず揚げたてを渡してくれるの?

電話で事前に揚げたてが欲しいと伝えたからといって、必ずお店が対応してくれるとは限りません。

 

この対応はお店側の状況次第です。イベント時期など混雑するときには、細かな注文には対応してもらうのは難しいですし、1~2ピースの予約でも対応してもらえないでしょう。

イベント時期以外で、10ピース以上の注文であれば、予約分だけ新たに作ることもあり、揚げたてのチキンが食べられる可能性が高まります。

 

まとめ

ケンタッキーの揚げたてを食べるには、開店時間やお昼を過ぎたくらいにお店に行く、揚げたてができるまで待つ、電話予約をする方法があります。

ただ、独自製法で作られているため、揚げたてが必ず美味しいとも限りませんし、電話予約では揚げたてが食べられるかはお店次第となります。

利用しやすい方法を活用すれば、揚げたてのフライドチキンを体験できるでしょう。

関連記事