コレナレ!お役立ち情報!
生活

いくらの賞味期限は?上手い保存方法もご紹介

Ikura don

いくらの賞味期限が気になりますが、保存方法や調味料によって期間も異なります。

上手い保存方法を知ることで、安心して美味しいいくらが楽しめるようになるでしょう。

ここでは、保存期間や上手い保存方法を紹介していますので、気になっている悩みや疑問もすぐに解消できるでしょう。

 

いくらの醤油漬けの賞味期限と消費期限

自宅で醤油漬けした場合のいくらの賞味期限は、2~5日が賞味期限の目安ですが、調味料によっても変わってくることから、購入したものはその日のうちに食べるのが良いでしょう。

夏場に常温で保存をすると3時間程度でも食中毒の心配があることから冷蔵庫で保存します。

賞味期限が2~5日なら消費期限はもっと長いのかと思ってしまいますが、いくらの消費期限は賞味期限と同じと考えることをおすすめします。

ネットでは、有名シェフのいくらを使ったイクラ料理のレシピなども紹介されていて、いくらを使った美味しい料理を作りたいと考えている人もいるかもしれません。

いくらはお正月やお祝い事でも良く活用される食材で、生筋子を購入して自宅で醤油漬けにする人もいるでしょう。

とても美味しい食材ですが、傷みやすいのでできるだけ早く食べることが大切です。

 

いくらは冷凍で保存期間や賞味期間が延びる

食べきれないいくらを保存するときには、冷凍にすることをおすすめします。

冷凍保存すれば1~2ヶ月は保存が可能です。

食べきれない時は、ザルに入れて漬け汁を切ってから、ラップや密閉容器を利用して冷凍庫で保存しましょう。

解凍するときには、冷蔵庫で半日程度かけて解凍します。急いで解凍したいなら、袋のまま流水をかける、氷水に入れる方法があります。くれぐれも電子レンジでの解凍はしないようにしましょう。

解凍して、糸を引いている、異臭がするものは腐っている可能性もあるので処分します。

 

いくらの醤油漬けの消費期限を延ばしたいならお酒を使う

北海道で5℃に設定された冷蔵庫で保存し、どのくらいで腐敗するのかを実験したところ、醤油漬けでは12日目から、お酒を使うと30日目から腐敗が始まったそうです。

この実験からもお酒に付けた方が賞味期限や消費期限を延ばすことにつながります。

自宅で醤油漬けをするときには、お酒を使って作ると良いでしょう。

 

市販のいくらは大半が冷凍なので賞味期限も短い

スーパーなどに行けば年中いくらが手に入りますが、このいくらの旬は秋です。

お店では、産卵時期に入手したいくらを冷凍保存して、解凍したものを陳列しているので、どうしても賞味期限が短いです。

さらに、食べきれなかったからと冷凍保存すれば再び冷凍することになります。

生の筋子を購入して自宅で醤油漬けする場合には冷凍保存も良いですが、時期ではない時に購入したいくらの冷凍保存は考えず、早めに食べる方が良いでしょう。

 

いくら保存方法では再び冷凍すると問題があるの?

市販のいくらは、時期によっては冷凍ものが大半となり、購入したものを冷凍すれば二回冷凍することになります。

二度冷凍しても問題はありませんが、劣化して味が低下します。

何度も冷凍するのは味が落ちるため、冷凍するときはできるだけ小分けして、食べきれる分量で冷凍をしましょう。

こうすることで、何度も冷凍する必要もなくなって美味しいいくらが楽しめます。

 

まとめ

いくらの醤油漬けの賞味期限や消費期限は2~5日が目安です。

お酒を使ったり冷凍保存をしたりすることで、この期間を延ばすことも可能です。

市販のいくらは冷凍ものが多いので、自宅で冷凍することを考えず早めに食べるようにしましょう。

冷凍するときには、食べきれる分量に小分けすることで、再度冷凍をすることを避けられて美味しく食べることができます。

上手い保存方法をすることで、いくらを美味しく食べることができるようになるでしょう。

関連記事