コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

就職に資格は有利?就職転職の成功ポイント!

Job-planning

就職難である近年。資格があれば企業は目を向けてくれる。資格があれば就職がうまくいく。そういった過剰な噂が少なからずある中、「結局資格がないと就職転職はうまくいかないの?」と疑問を感じずにはいられない学生や社会人、パートの方も多いことでしょう。

もちろん、資格の可能性を盲目的に信じすぎるのは考えものです。限りある時間を有効に使い、良い就職転職をする為にも、改めて、資格とはどのようなものなのか?資格を企業はどう見ているか?など、資格習得による就職転職の成功ポイントを見ていくことにしましょう。

そもそも資格と検定とは何か

資格と検定はニュアンスは似ていますが、実は意味合いは違います。知識と技量を認められる点では同じですが、資格には権利が発生します。

検定にはその権利が発生しません。ここが大きく違うところと言えるでしょう。

例えば英検を習得した場合、その検定で英語の教師になれるわけではありません。 国家資格である医師や建築士などは、国が認めた資格なので、重要性が全く違います。

また国家資格が必要となる業種では、資格のない者しか仕事をすることができないため、そこに独占的権限が発生し、その仕事で生活することができる権限を獲得できます。それだけで安定した生活を暗示できるものになり得るでしょう。

では検定は資格に比べ需要はないのか?

いえ、そういうことでもありません。国家資格や公的資格などに比べれば、一般的な検定といった民間資格は比較的取りやすいといえます。

民間資格である検定の特徴は、その種類の多さです。マニアックなものが多いのもその特徴でしょう。そういったものを求める方はおすすめです。

企業は資格や検定を重要視するのでしょうか?

結論から先に言えば「重要視されていない」といったほうが良いでしょう。就職活動の時点で、資格や検定を求められることはまずありません。

もちろん資格が必要な不動産業や薬剤師などはありますが、就活生(特に在学生)の場合、それらは入社後の研修期間などに習得するチャンスがあり、実績や資格を求められることは少ないです。

卒採用枠では、中途採用とは違い、即席のスキルは求められていません。それよりもポテンシャル重視です。今後の可能性ややる気といった面で審査されているのです。

では資格を持っていても意味がないのでしょうか?

もちろん、それはありません。

例えば検定の中でも習得の難しいTOEICを860点以上獲得していたり、簿記1級を持っていたりすれば、勤勉、向上心があるといった点で評価され、今後の可能性を期待されるでしょう。

またIT資格など、即戦力レベルがわかる資格も、就職活動では有利になります。

さて、資格に対する世間の目やその役割は分かりました。ここからはそれらを踏まえた上で、就職や転職に役立つニーズの高い資格や開業に役立つ資格をご紹介します。

様々なスレで「就職に役立つ資格ランキング」というタイトルを見かけますが、あえてそういったようなランキング順位の偏見をつけず、フラットな視点で見ていくことにしましょう。

TOEIC

TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を評価するテストであり、世界約150カ国で実施されています。合否の判定はなく、スコアでの評価となります。そのスコアが、英語レベルを示す国際的な基準となります。

近年の仕事現場では、海外企業との電話やメールなどでやりとりする機会は確実に増えています。「TOEICスコアを◯◯点以上」といった条件が課される企業もあり、就職には有利になるでしょう。

多くの企業は資格をそれほど重要視していないですが、ポテンシャルを重要視しています。そういう意味でも、TOEICで高スコアを出せている場合、有利な立ち位置に登れるでしょう。

※成功者にはいつもコーチがついていますが、英語の成功者になるにもコーチング方式が効率が良い方法の1つです。

オススメの英語コーチングはコチラ!
⬇︎
3ヶ月でTOEIC300点アップ。私はこれで伸びました。無料のカウンセリングで英語力診断をしてくれます。そして驚きの30日間無条件で全額返金保証!

日商簿記

経理や財務業務では必須の会計知識や、経営の管理分析力を示すこの資格。ビジネスに関わる全ての人にオススメできる資格です。企業によっては、応募要項に必須と明記されている場合もあるようです。

事務系の業種の場合、日商簿記の資格の有無は明確に合否に関わってきます。また、家庭を持つ主婦にもオススメできる資格でもあり、生活の基盤を固めることができます。

商業系の学校では習得を必須としているケースもあり、習得者は多い傾向にはありますが、事務系の求人数は多く、事務業への就職転職には必ず使える資格と言えるでしょう。

合格率は全国平均の2.81倍!簿記講座はフォーサイト

 

登録販売者

医療系の資格です。医療事務、調剤薬局事務など民間検定とは違い、国家資格なので価値が違います。この資格は、ドラッグストアや薬局で、一般用医薬品の販売ができる医薬品販売専門の医療系国家資格です。

一般医薬品のうち、第2類・第3類医薬品の割合は9割以上といわれており、それらを販売することができるこの資格は、薬剤師不足を補うことができる点で、大きな戦力となることでしょう。

薬品を扱うコンビニエンスストアや日用品店が近年増えてきており、登録販売者が不足している店舗も多いようです。そういう意味でもかなり需要のある資格と言えます。

ファイナンシャルプランナー

お金のスペシャリストであるこの資格。金融系や保険系の企業で重宝される資格であり、自身のキャリア形成にも、あると大変助かる資格です。

就職だけに限らず、独立開業にも大変心強い資格なので、より先まで見据えた人生プランを組み立てることができるでしょう。老後貯蓄などの将来に対するお金の不安は近年つきものとなっており、この資格の需要は年々上昇傾向にあるといいます。

合格率は全国平均の2.26倍!FP講座はフォーサイト

Microsoft Office Specialist (MOS)

「MOS = マイクロソフト オフィス スペシャリスト」は、エクセルやワードなどマイクロソフトオフィスを使うスキルを証明する資格です。

IT企業では認知度が高く、システムやネットワーク技術者などどいったパソコンを使用する企業では大きく役に立つ資格です。

受験資格もなく、誰でも受験可能で、ソフトの使い方を覚えるだけなので、パソコンにそもそも強い人だと、比較的取るのは難しくありません。

※その他IT関連では身につけたスキルとプロフィールを登録すると企業やコンサルタントからスカウトメッセージが届くという独自のシステムを持ったオンラインスクールもあります。

オンラインスクールなので通学時間0で好きな時間にスキルアップができます。数あるオンラインスクールの中からコースが充実しているオススメのオンラインスクールはこちらです。
⬇︎
テックアカデミーキャリア

宅地建物取引士

土地や建物の売買を行う不動産業では、事務所に一人以上宅地建物取引士がいることが義務付けられています。いない場合、宅地建物取引士所有者を採用する必要があり、もし見つからない場合は事業廃止も余儀なくされます。

この資格はそれだけ不動産業界では重要な存在です。不動産業以外にも、金融、建築、役所でもこの資格を推奨しており、多くの機会に役に立つでしょう。

資格を持っているだけで就職できることも少なからずあり、転職には非常に便利です。しかし難易度の高い国家資格なので、かなりの時間を費やし学習をしなければいけません。

資格はあくまでサブ的な扱いが好ましい

さて、ニーズの高い資格をいくつか紹介しました。しかし、当たり前のことではありますが、資格そのものにだけ固執するのは考えものです。資格だけが全てではありません。

仕事は一言で言ってしまえば総合能力。スキルももちろん大事ですが、対人である仕事において重要なのは対人間関係能力や組織で働く総合能力です。

資格だけに固執することなく、広い視野を持って自己を分析していくと良いでしょう。

それらを十分に理解した上で、自分にとって就職転職のサブ武器となる資格を見つけてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?資格を企業がどう認識しており、それらを踏まえた上で、どのような資格が役に立つのか?がお分かりになっていただけたことでしょう。

資格習得が必ずしも就職転職lに直接結びつくわけではありません。自分自身にとって、その資格がどのような影響をもたらすか。または本当に必要かどうかを見極めた上で、有益となるものを習得する姿勢が就職転職の成功に繋がることでしょう。できることからコツコツ始めていきましょう!

関連記事