コレナレ!お役立ち情報!
生活

電池が液漏れ!触った時の対応方法や処理方法

dry cell

電池は液漏れして触った時には害がないのかと心配になりますが、この時は適切な対応をする必要があります。

対応方法を知ることで大きな問題にもならないでしょう。

ここでは、漏れた液に触ってしまった時の対処方法、液漏れしてしまったリモコンの処理方法について解説します。

特別難しいことではないので、すぐにでも適切な対応ができるようになるでしょう。

 

液漏れした電池に触ったり飲んだりした時の対応方法を知ろう

液漏れをした乾電池を触った時には、皮膚に悪影響がないのかと心配になります。

マンガン電池では、シミになることがあっても大きな問題はないとされていますが、アルカリ電池ではタンパク質を侵す性質があるようで、すぐに洗い流した方が良いでしょう。

ヌルヌルが取れない時には食酢をかけるのが良いようです。

飲んでしまった時には無理に吐かせようとするのではなく、速やかに病院で診察を受けることが大切です。

液漏れをしていると、塩のような白い粉状になっている時もあります。

白い粉は触ってもそれほど皮膚に害はないようですが、目に入ってしまった時には目を水で洗い流して、この場合も早く眼科で診察を受けるようにしましょう。

 

触った時の対応だけでなく電池の液漏れの原因を知ろう

液漏れは、内部で起こる化学反応によって圧力がかかることが原因とされています。

化学反応を起こすとガスが発生して圧力がかかり液漏れを起こすようです。

使い終わった状態でも、内部で化学反応が行われるので液漏れを起こすことがあります。

古い電池と新しい電池とを一緒に使うことで過放電を起こして高圧状態になることも原因の一つです。

その他にも、電池をプラスとマイナス逆にセットするのも原因とされています。

液漏れを防ぐためには、電池が切れたらそのままにしておかない、交換するときにはすべて新しいものにする、正しくセットすることが大切です。

携帯やパソコンに使われているリチウムイオン電池は完全密封されているので、通常は液漏れをすることはないとされています。

 

触った時の対応は分かったけど液漏れ電池が入っていたリモコンは使えるの?

液漏れを起こしたリモコンはそのまま使っても大丈夫なのかと気になる人もいるでしょう。

内部を綺麗に清掃して、新しい電池を入れで作動するようであれば問題はないでしょう。

作動しない時には、新しいリモコンに交換するか、メーカーに問い合わせをする必要があります。

リモコンは互換性があるものの購入をオススメします

 

電池の液漏れを発見した時にはむやみに触ったりせず保護具を着用しよう

手で触った程度であれば水で洗い流すだけで良いですが、目や口に入ると病院での診察が必要になります。

そのため、発見した時には、保護メガネやマスク、ゴム手袋を着用して清掃などの作業を行うことが大切です。

清掃だけでなく、電池を取り出す時にも保護具を身につけてから作業をしましょう。

いざという万が一に備えて保護具は備蓄しておかれることをオススメします。

 

触ったりせずに液漏れ電池を取り出した後の対応方法

電池の液漏れを発見した時には、清掃方法が分からないという人もいるでしょう。

まずは、外れる部品を取り外して、軽く水を含ませてティッシュなどで電解液や粉を拭き取ります。拭き取ったら乾いたティッシュや布、綿棒で乾拭きをします。

金属部分が腐食している、錆びているときには、紙やすりやワイヤーブラシなどを使って磨きます。

後は、新しい電池を入れて動作確認を行います。

 

まとめ

触った程度なら、すぐに水洗いすれば大きな問題にもなりません。口に入れたり目に入ってしまったりした場合には、すぐに病院で診察を受ける必要があるでしょう。

液漏れを起こさないためには、早めに電池交換をすることが大切です。

液漏れしてしまった場合でも、適切な対応方法を知っておくことで、安全に対応することができるようになるでしょう。

関連記事