コレナレ!お役立ち情報!
人間関係

厄年はうつる?対策法や考え方についてご紹介

purified

自分の厄年がうつるのかと心配になりますが、うつる心配はないと考えられます。

この年になった時の対策法や良い考え方を身につけることで、トラブルも少ない時間が過ごせるでしょう。

ここでは、厄年がうつるのかについて解説します。

厄年について正しい認識が身につけば、うつるのかという悩みもすぐに解消できます。

 

自分が厄年だと周りにもうつるの?

厄年はうつると言われ、周りの人にも不幸が続くこともあり、自分が厄年になると周りもトラブルが発生するのではと心配な人もいるでしょう。

ただ、この年の人がいるせいで周りの人も災難が続くというのは偶然だと考えられ、厄がうつる心配はありません。

厄年は、数え年で男性なら25歳・42歳・61歳、女性なら19歳・33歳・37歳です。

そして、この年齢の前の年を前厄、翌年を後厄、この年齢の時は本厄と呼ばれています。

この厄年の中でも、男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれます。

大厄の時は、男性なら社会的責任や肉体的な疲労も大きくなりますし、女性は結婚や妊娠、出産や子育てで忙しい時期で、様々なトラブルも発生しやすいです。

この年齢の親や親戚では、老年期の人も多く病気になることもあるでしょう。

厄年は、誰でもその時期になれば病気になりやすくなる、トラブルが起きやすいので注意をするべき年というものです。

周りも一定の年齢に達しているので、災難も起きやすく、厄年だからその災難が起きているわけではないです。

そのため、災難が続いたとしても、それは厄年が原因ではないでしょう。

あくまでも、周りの人に災難が続くのは偶然なのですが、厄年を信じるのであれば、早めにお祓いをしてもらう、お守りを身に着けるなどすると良いでしょう。

 

厄年がうつる説はある

この年の時に、周りの人に災難が続くのはあくまでも偶然なのですが、うつるという説が残っている地域もあります。

厄年になると食事会を開く、何か物を贈るという風習がある地域もあります。

これは食事をしたり物を贈ったりすることで、厄をみんなで分けて乗り切ろうということで行われています。

また、お祓いでは一緒に居る人に、祓った厄がうつってしまうと考える人もいるようです。

このように、うつるという説や考え方もありますが、他の人に厄がうつってしまうことはないので、家族と一緒に時間を過ごして、普段通りの生活を送っても問題はないでしょう。

 

うつると言われる厄年のお祓いは一人の方が良いの?結婚や出産は大丈夫?

厄が家族にうつらないとわかっていても、どうしても気になる人もいるでしょう。

この年の時は、気にすればするほど悪い厄を引き寄せるとも言われ、意識し過ぎるのは良くありません。

これは、厄年の人だけでなく、家族も同じです。

厄が気になる人は、家族みんなでお祓いをしてもらうことで、気持ちも楽になって厄を引き寄せない効果も期待できるでしょう。

女性では、この時期の結婚や出産は大丈夫なのかと気になる人もいるでしょう。

この時期は大きなイベントことは避ける方が良いとされる考え方もありますが、逆に厄落としになるとも言われています。

負のエネルギーはとても強いもので、意識すればするほど悪い方向に行く可能性があり、その負のエネルギーは周りの人まで巻き込んでしまいます。

このことからも、厄年にイベントごとをしても厄落としになると前向きに考えることで、良い方向に物事を進めることができるでしょう。

 

厄年がうつると心配な人は手軽の方法で厄払いをしよう

一般的に、厄払いのお祓いは神社などで行いますが、もっとお祓いをしたい、お祓いをしてもらう時間がない人は、手軽な方法な厄払いをしてみましょう。

お風呂に粗塩を50g~100g程度を入れて入浴をする、自分の年齢と同じ数の人に洗剤を贈る、赤い下着を身につけるなどの方法があります。

少しでも厄を落としたい人は、このような方法を試してみるのも良いでしょう。

 

厄年がうつるというのは迷信!

この年になると、自分の不幸が周りの人にも連鎖するのではないかと気になってしまいますが、あくまでもこれは迷信です。

災難やトラブルは、たまたま起こっているのではなく、起こるべくして起こっています。

厄年では、そんな災難が起きやすい時期です。そのため、事前に予防したり注意したりすることの方が重要です。

責任ある立場になれば何かと気苦労も増えて疲れてしまいますし、疲れると注意力が散漫となり、トラブルも起きやすいです。

年齢を重ねると、今まで無理していた部分が表面化して怪我や病気も起こしやすくなるでしょう。

慣れない子育てでも、肉体的にも精神的にも疲れてしまうことがあります。

このように、自分に起こるトラブルも周りに起こるトラブルも、必然的に起こっています。

厄年のせいにするのではなく、事前にトラブルが起きやすいことを想定して対策をする、体をゆっくり休める、ためには家族で旅行などに行ってリフレッシュして良い時間を過ごす方が良い対策ともなるでしょう。

 

まとめ

厄年は、うつるという考え方もあり、家族に不幸が起こるのではと心配になりますが、これはあくまでも迷信でうつる心配はないでしょう。

心配な人は早めに厄払いをしてしまうと精神的にも楽になります。

厄年になると、何が起こるのか、周りも巻き込むのではと不安を感じる人は多いですが、自分や周りに起こる不幸を厄年のせいにするのはよくありません。

事前に対策や予防することでトラブルも減って、良い時間を過ごすことにつながるでしょう。

関連記事