コレナレ!お役立ち情報!
趣味

初心者でも11月にキャンプしたい!必須品やお勧めスポットは?

Camping fire

キャンプと言えば夏場が定番ですが、10月や11月に行う秋のキャンプも紅葉が綺麗で乙なものです。そう考えたキャンプ初心者が一度は味わう洗礼が、秋のキャンプにおける寒さです。

11月ともなれば気温もぐっと下がり、特に夜間は相応の備えがなければ寒さで眠る事もままなりません。ましてやキャンプは外で行うもの、テントや防寒具の備えを誤るとキャンプどころではありません。

そこで今回は、初心者が11月に安芸キャンプを行う時に必要なものや、お勧めスポットについて解説します。これから秋キャンプをしようと考えている人は、行動する前にぜひ一度目を通して下さい。

 

初心者でも11月にキャンプは出来る?

秋のキャンプがいかに寒いといっても、雪山登山やスキューバダイビングのように過酷な環境な訳ではありません。ですから初心者であっても気軽に挑戦することができます。

逆に言えば、気軽に挑戦できるがゆえに準備不足から痛い目を見やすいとも言えます。キャンプ初心者が11月にキャンプをしようと思ったら、下調べは念入りにおこなっておきましょう。

真っ先に想定しなければいけないのが寒さですが、ではキャンプ場ではどの程度の気温になっているのでしょうか。

 

11月にキャンプで想定される外気温

東京の場合、11月の平均気温は13度程度であり特別暖かい服装をする必要はありません。平均最高気温の17℃なら少し薄めの服装を、平均最低気温の9度なら少し暖かい服装をすれば快適に過ごせます。

それに比べてキャンプ場は標高が高い場所が多く、そういった場所での気温は一気に低くなります。特に、標高1000mを超えるようなキャンプ場では平地より6度程気温が低くなるといわれています。

つまり、東京は13度でもキャンプ場は7度程しかないという事です。ましてやキャンプ場では一晩過ごすのが基本、最も冷える朝方になると0度近い寒さになる事も珍しくありません。

キャンプで寒さ対策が求められる理由はこれであり、こんな環境で東京の町中と同じ格好で過ごしていたら風邪をひくこと間違いなしです。では、どんな防寒具を用意すればいいのでしょうか。

 

11月にキャンプをする時の服装

キャンプをする時は、上着から肌着まで防寒の行き届いたものを使いましょう。

ヒートテック

インナーにはシャツのように隙間があるもではなく、ピッタリくっつくヒートテックがお勧めです。寒さを感じる上で肌着が最も重要度が高いので、必ず身につけていきましょう。

タートルネック、ハイネック

首元も寒さを感じる箇所なので、首の長いタートルネックのセーターなどがあれば持っていきましょう。なければマフラーなどで代用しても大丈夫ですが、マフラーを使うなら山中で引っ掛けないよう気を付けてください。

厚手のパーカーかウィンドブレーカー

肌着さえしっかりしていればアウターは自由に選んでも大丈夫です。特に寒さを通さないパーカーや、雨天にも対応できるウィンドブレーカーを着用するのがお勧めです。

服装に関してはこれらを順守すれば最低限の寒さからは守られます。続いて、寒さ対策に必要な道具を紹介します。

 

キャンプで寒さ対策にもっていくもの

服装だけではキャンプの寒さ対策としては不十分です。余裕があればこれらの物も持っていきましょう。

ブランケット

使い勝手がいいので、一人一つ持っていく勢いでも大丈夫です。防寒対策の他、たき火の際に火の粉除けになったりと怪我防止に役立ちます。

電気カーペット

テント内では石油ストーブ系は厳禁なので、暖房器具としてはホットカーペットの利用がお勧めです。キャンプ場の中には電源が確保できる場所もあるため、事前に調べておきましょう。

毛布

特別な道具はないけどキャンプに行きたい人の最終兵器です。どんなに寒くても、最悪毛布にくるまって寝れば外気温が氷点下にならない限りは何とかなるので、毛布を沢山持っていくのも一つの方法です。

寒さ対策は現地についてからではできません。最初の内は少し余分位にもっていくといざという時に役立つことでしょう。最後に、肝心のキャンプ場について、おススメのスポットを紹介します。

 

11月のキャンプにおススメな場所(東京編)

今回は東京から気軽に行けるキャンプ場を紹介します。どこに行こうか迷っている人は参考にしてください。

武甲キャンプ場

埼玉県のキャンプ場で、トイレや炊事場が完備されているので初心者でも安心してキャンプを楽しむ事ができます。テントはレンタルが可能なので、道具がない人でも大丈夫です。

そしてこのキャンプ場には露天風呂があり、寒い体を温めながら景色を満喫する事ができます。紅葉も綺麗なので、ぜひ一度足を運んでください。

キャンピングヒルズ鴨川

千葉県にあるキャンプ場で、街並みや海、朝日などを一望できるロケーションは一度は見る価値があります。電源も確保できるので電気カーペットも問題なく利用できます。

キャンプ場付近には温泉施設や飲食店も数多く存在しています。気軽な気持ちでキャンプをしてみたい人にはうってつけの場所と言えるでしょう。

星の降る森

群馬県にあるキャンプ場で、その名の通り遮るものの無い満点の星空を眺める事ができます。レンタルも充実しているので道具がない人でも安心してキャンプを楽しめます。

ただし群馬県の高所なので寒さはかなりのものです。キャンプ道具こそレンタルできますが、星空を長く楽しむためにも、防寒道具だけはありったけ持っていきましょう。

キャンプ初心者であれば、この辺りを利用して感覚をつかむといいです。慣れてきたら他の場所でもキャンプを楽しんでみましょう。

 

まとめ

秋のキャンプで最も対策が必要なのは寒さです。平地と高所では大きく気温が違い、例えば東京市街で適温でも、キャンプ場では真冬並みの寒さになるところも多いのです。

秋キャンプに行くときの服装は、肌にくっつくヒートテックは必須です。その他首回りの寒さ対策も必要ですし、上着は動きやすいパーカーや急な天候の変化にも対応できるウィンドブレーカーがお勧めです。

服装だけでなく、ブランケットや電気カーペットなどの防寒道具も持っていきましょう。何もないなら最悪毛布をありったけ持っていけば少なくともテントの中で凍える心配はないはずです。

秋のキャンプは寒さこそ厳しいですが、夏場とは違った景色や雰囲気を楽しむ事ができるのでぜひ一度体験してみてください。今回紹介した防寒具を持っていけば、寒さに震える事もないはずです。

関連記事