コレナレ!お役立ち情報!
生活

重曹とクエン酸は混ぜて使える?効果と注意点を紹介!

重曹

汚れを落とすアイテムとしてよく紹介される重曹とクエン酸ですが、この二つを混ぜるとどうなるかご存知ですか?どちらも汚れ落としにとても効果的な物であり、混ぜたらより効果が強くなると思う人もいるでしょう。

もちろん混ぜる事で効果を発揮する場面もあります。しかし、考えなしに両者を混ぜると、汚れを落とす力が強まるどころか弱まってしまう事もあるのです。

今回は、この二つを混ぜた際の効果と、ポイントや注意点などをまとめて紹介します。掃除の際に両者を使っている人はぜひ一度目を通してください。

 

重曹とクエン酸を混ぜるとどうなる?

粉状の両者を混ぜただけでは何もおきませんが、そこに水を加えるとものすごい勢いで泡が発生します。この泡は二酸化炭素であり、炭酸水が泡立つのと原理は一緒です。

この泡の原因は、両者の性質にあります。重曹はアルカリ性であり、クエン酸は酸性です。両者を混ぜると中和の科学反応がおこり、勢いよく泡が発生することとなるのです。

出てくるのは泡だけであり、人体に有害なガスなどは発生しないので安心して下さい。では、両者を混ぜ合わせた事による実際に効果の程はどの程度なのでしょうか?

クエン酸

 

重曹とクエン酸を混ぜるのがいけない理由

前述の通り、両者を混ぜると中和反応で泡が出ます。見た目だけで考えると勢いよく泡が出ている訳なので、これを利用して汚れを落とすことができると考える人もいるでしょう。

しかし、実際にはあの泡に汚れを落とすだけのパワーはありません。さらに、両者の性質が中和によって打ち消されているため、元々持っていた汚れを落とす力すらなくなってしまいます。

お互いの効果を相殺してしまうため、両者を混ぜて掃除に利用するのはおススメとは言えません。ただし、全く役に立たないかと言われるとそうでもなく、中和の反応が役立つ場面もあります。

 

重曹とクエン酸を混ぜると役立つ場面

両者を混ぜたもの自体には大した効果はありませんが、酸性とアルカリ性を混ぜる際の中和反応には役立つ場面がいくつかあります。

例えばトイレ掃除にはクエン酸が効果的と言われますが、これはトイレ汚れの主であるアンモニアがアルカリ性であり、酸性のクエン酸で中和することで臭いや汚れを抑える事ができます。

また、重曹とクエン酸を混ぜた時に発生する二酸化炭素の泡は入浴剤にも利用でき、疲労回復や美肌効果が見込めます。混ぜるだけで簡単に作れるので手間がかからない事もポイントです。

このように本来の使い方から外れるものの、両者を混ぜる事によって役立つ場面も存在するのです。ただし、本来の掃除の分野では両者を混ぜる意味はほぼありませんので、素直にクエン酸か重曹を単品で使いましょう。

 

重曹とクエン酸を混ぜる時のポイント

続いて、両者を混ぜて使用する時のポイントを見ていきましょう。利用の際は以下の点を意識してください。

混ぜるより併用したほうがいい

ここまでで説明した通り、重曹とクエン酸を掃除に使う場合、両者を混ぜて使うよりも個々に使った方が効果的です。ですから混ぜて使うのではなく、両者を併用して汚れを落とすことが大切なのです。

併用の際は、重曹を使ってからクエン酸を使うとより効果的に汚れを落とすことができます。意識して使っていきましょう。

食用の物を選ぶ

両者ともに、食用や工業用などの種類がありますが、家庭で様々な利用を想定しているのであれば、食用の物を選んだほうが賢明です。

効果にこそそこまで差はありませんが、食用以外は入浴剤に利用できず、食品を入れるものへの使用も控えたほうがいいので用途が限られてしまうのです。

 

重曹とクエン酸を混ぜる時の注意点

続いて、両者を併用する際の注意点を紹介します。利用の際は以下の点に気を付けてください。

肌の弱い人は注意

濃度が高くなると、長時間の使用で肌荒れの可能性があります。可能な限り手袋をして作業に当たりましょう。

使えない素材もある

重曹はアルミや畳には使えず、クエン酸はタイルや大理石には使えません。混ぜたものは中和で効果が薄まっているとはいえ、どちらも影響を与える可能性があるのでこれらの物には使用しない方がいいでしょう。

塩素系漂白剤を混ぜない

重曹とクエン酸を混ぜても害はありませんが、そこに塩素系漂白剤を混ぜると人体に有害なガスを発生させます。酸素系であれば問題ないので、漂白剤を使う際には十分成分を確認してください。

扱い方を誤ると自身に被害が及ぶこととなるので、利用の際は、これらの注意点は絶対に頭に入れておきましょう。

 

まとめ

重曹とクエン酸を混ぜると、中和作用によって二酸化炭素の泡が発生します。この泡は人体に悪影響こそないものの、両者の効果も中和によって失われるため、掃除に効果的な効果が得られません。

中和をうまく使えば汚れや臭いの防止に効果的な他、発生した二酸化炭素の泡は入浴剤にも利用できます。両者を混ぜる際にはこれらの事を頭に入れておくとうまく活用できるでしょう。

注意点としては、肌の弱い人は肌荒れの原因になったり、両者が使えない素材を把握しておくことが大切です。また、塩素系漂白剤を混ぜると有毒ガスを発生させるので絶対に混ぜないでください。

混ぜる事による被害はほぼないものの、本来の掃除に使う目的においては、両者を混ぜる意味はほぼないと言っていいでしょう。両者を個々に使い、併用したほうがよりキレイに汚れを落とせます。

混ぜるのであれば両者の成分に期待して掃除に使うのではなく、入浴剤のような発生する二酸化炭素の泡をうまく利用したほうがいいでしょう。

関連記事