コレナレ!お役立ち情報!
学習

「真摯な対応」の意味を知って適切な場面で活用しよう!

Studying

「真摯な対応」の意味が気になりますが、正確な意味を知って使うことが大切です。

意味や使い方をすることで、色々な場面で活用できます。

ここでは、意味や類語、例文や使うタイミングなどについて紹介していますので、疑問もすぐに解消できるでしょう。

 

「真摯な対応」の意味を知ろう

真摯な対応とは、人と接する時に心を込めて行動する様子のことを指しています。

真は、「眞」とも書き、語源として「死者」があります。「死」はくつがえすことができないことなので、「嘘のない真実」という意味があります。

そして、撃には、「真面目に捉える」の意味があり、真摯には、「嘘をつくことなく真面目に捉える」の意味になります。

目上の人への敬語の表現としては、謙譲語の「~いただき」に感謝の気持ちを付け加えて、「真摯なご対応いただきありがとうございます」と使うと良いでしょう。

 

真摯な対応の類語

誠実、篤実、忠実、至誠、摯実、真面目、真剣などが「真摯」と同じような意味なので、この言葉に「な対応」をつけることで「真摯な対応」の類語となります。

言い換えるなら、一生懸命、生真面目などの表現方法もあります。

反対語では、不真面目な対応、不誠実な対応などが良いでしょう。

 

「真摯な対応」の例文

この言葉を使った例文を紹介しますので参考にしてください。

  • 「この度は、私の不手際によってトラブルが発生したにも関わらず、真摯な対応をして頂き、感謝しております。」
  • 「会社のイメージを悪くしないためにも、苦情の電話であっても真摯な対応が必要です。」
  • 「あなたの真摯な対応に感服しました。」
  • 「真摯な対応をするためには、相手を尊敬する気持ちが大切だ」

 

「真摯な対応」を使う適切なタイミングをご紹介

この言葉を使うタイミングとして、問題が発生した時、相手の対応を評価する時があります。

問題が発生した時には、これ以上問題を大きくしないためにも、「真摯な対応が必要です」と使います。

また、そんな対応を見かけた時に、その人を評価するときにも、「あなたの真摯な対応は敬服する」と使います。

 

「真摯な対応」を「紳士な対応」と間違えないようにしよう

「シンシナタイオウ」と表現するときに間違えやすいのが「紳士」という言葉です。

「真摯」は「真面目」の意味がありますが、紳士は「上品」、「マナーが良い」の意味なので、混同しないように注意が必要です。

 

まとめ

この言葉には、「人に接するときに心を込めて行動する」の意味があり、問題が発生した時、人を評価するときなどで活用します。

ただ、同じ読みで「紳士」がありますが、この言葉とは意味が違うので混同しないように注意が必要です。

適切な場面で使うことで、良い表現をすることができるようになるでしょう。

関連記事