コレナレ!お役立ち情報!
生活

手荒れは食器用洗剤が原因?理由と対策法を知って悩みを解消!

Hands

水仕事や洗剤を使う機会が多い人は手荒れが悩みの人も多いですが、効果的な対策法があります。

効果的な対策法を知ることで、手荒れに悩まされない生活も送れるようになるでしょう。

ここでは、原因や効果的な対策法について紹介していますので、悩みもすぐに解消することができます。

 

食器用洗剤を使うとなぜ手荒れを起こすの?

家庭で起こる手荒れは、お湯や食器用洗剤が原因となっているようです。

手荒れとは、皮膚の保湿成分が失われることで乾燥して、皮膚を保護するバリア機能が低下している状態のことです。

皮膚を守っている皮脂がなくなる原因が、お皿などの食器を洗う時に利用しているお湯や食器用洗剤です。

食器を洗っている時に、皮膚を保護する皮脂も一緒に落ちてしまって手荒れになりやすい状態になってしまいます。

油はお湯に溶けやすいので皮脂が落ちやすいです。また、界面活性剤は油をしっかりと落としてくれますが、その強い洗浄力によって手の皮脂も一緒に落ちて手荒れの原因となります。

手荒れが気になる人は食洗機を利用する方法もありますが、多くの人が手洗いをしているようです。

2016年3月のクラウドワークス調べでは、食器を洗う時に手洗いをしている人が約68%、食器洗い乾燥機を利用している人が約18%というアンケート結果となっています。

食器を手洗いするときには、しっかりとした対策が必要です。

 

食器用洗剤による手荒れを防ぐ方法

原因となる、お湯や食器用洗剤が肌に触れることがなければいいので、ゴム手袋を使えば手が荒れることもなくなるでしょう。

ただ、ゴム手袋を使うのが面倒という人は多いです。

そんな人の予防方法は、できるだけ短時間で食器を洗うことです。

なるべく使う食器を少なくする、油物は新聞紙などでぬぐい取るなどの工夫をすれば短時間で食器を洗うことができるでしょう。

また、使う食器用洗剤も天然成分の物を使う、界面活性剤の量が少ない食器用洗剤を使う方法も効果的です。

 

手荒れが気になる人はどんな食器用洗剤を選んでいるの?

手荒れしないおすすめの食器用洗剤のランキングを掲載している「G-Ranking」というサイトがあります。

このサイトでのランキング上位の肌に優しい洗剤は下記の通りです。

  • 「サラヤ ヤシノミ食器用洗剤 野菜・食器用500ml」
  • 「チャーミー泡のチカラ手肌プレミアム 食器用洗剤 詰め替え 930ml」
  • 「フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ つめかえ用 1000ml」

「サラヤ ヤシノミ食器用洗剤」は、ヤシの実由来の洗浄成分を使用した食器用洗剤で、無香料・無着色にこだわって作られています。

全ての人に皮膚刺激が起きないというわけではありませんが、皮膚刺激テスト済みの商品なので、この食器洗い洗剤は手荒れが心配な人におすすめの商品です。

その他にも、「シャボン玉 台所用せっけん」を使って手荒れがなくなったという人もいます。

この人は、症状が出ている人に第2類医薬品の「HPクリーム 60g」を勧めています。

皮膚科などの医療機関での手荒れ治療では「ヒルドイド」という薬が効果的なようですがドラッグストアでは売っていません。そこで、似た成分のこのHPクリームを勧めています。

 

手荒れを防ぐためには食器用洗剤の量も大切

多くの人は食器を洗う時には、原液をそのままスポンジに付けて使用していることでしょう。

洗い物が多ければ、多くの食器用洗剤を使う方が良いと思いがちですが、多くの食器 用 洗剤を使うほど手荒れる原因ともなります。

一般的に適量は1円玉くらいの量です。

食器用洗剤によって適量は異なることもあるので、説明書きをよく確認して食器用洗剤を使い過ぎないようにしましょう。

 

食器用洗剤による手荒れを防ぐには洗った後のケアが重要

洗う時には、素早く洗う、手荒れしない食器用洗剤を使うなどの工夫が大切ですが、洗った後のケアも重要です。

色々な工夫をしても、ゴム手袋をしていなければ肌に刺激を受けることにもなりますし、水仕事をすれば皮脂も落ちてしまいます。

そんな手をそのままにしておくと肌荒れを引き起こします。

水仕事が終わったら、ハンドクリームを使ってしっかりと手を保湿しましょう。

保湿することで肌から分泌される皮脂と同じ働きをしてくれるので予防ができます。

 

まとめ

お湯や食器用洗剤を使うと、肌を守っている皮脂が失われることで症状を引き起こします。

この症状を防ぐには、ゴム手袋が一番効果的ですが、使用するのが面倒な人は、素早く洗う、手に優しい食器用洗剤を使うなどの工夫が大切です。

この症状が気になっている人は、天然成分によって作られた食器用洗剤や界面活性剤の量が少ない食器用洗剤を良く利用しているようです。

手荒れ予防には、使う食器用洗剤の量、洗った後のケアも重要です。

良い対策をすることで、手荒れに悩まされない生活が送れるでしょう。

関連記事