コレナレ!お役立ち情報!
趣味

ジェルネイル時の爪の長が気になる!適切な長さとは

Nail

ジェルネイルをする時には爪の長さが気になりますが、適切な長さを知ることで安心して施術が受けられます。

ここでは、具体的な長さや綺麗な仕上がりにするポイント、施術後の長さの調節方法などについて解説します。

悩みを解消して休日にはサロンでネイルを楽しみましょう。

 

ジェルネイルをするときの爪の長さが気になる

初めてのジェルネイルでは爪の長さが気になる人が多いです。

自爪の長さの目安は2.3mm程度で、ネイルアートをしたい、好みのデザインがある人は、施術箇所を広く使えるように3~4mm程度がおすすめです。

長すぎる時にはサロンでカットしてくれるので、それほど長さを気にする必要もないでしょう。

 

ジェルネイルをするときのダメな爪の長さ

サロンに行けばプロが施術をしてくれるので基本的にはどんな長さでも問題はないでしょう。

ただ注意したいのが深爪です。施術をすると痛みが出ることもあるので、ある程度伸びてから施術を受けましょう。

 

ジェルネイルをするときの適切な爪の長さとは

生活に支障が出ないような爪の長さにしておくことも大切です。

長いとパソコンが打ちにくいと感じることもありますし、日常生活を送るのにも支障が出ることもあります。

施術後の3週間程度はカットをするのが難しく、爪が伸びると不都合を感じるかもしれません。

これらの点をよく考えて適切な爪の長さにすることが大切です。

後々のことも考えて施術を受けることで満足できる仕上がりにもなりますが、施術を受けるなら綺麗な仕上がりにしてもらいたいものです。

そんな仕上がりに重要なことも紹介していきます。

 

綺麗なジェルネイルなら爪の長さよりも健康

施術前は、誰でも綺麗な仕上がりにしてほしいと考えていることでしょう。

この仕上がりを良くしたいのなら、爪の長さよりも爪の健康を保つことが大切です。

爪の健康を保つためには乾燥を防ぐ必要があります。ネイルオイルなどで油分を補給することで爪の健康を保つことができます。

この時にはハンドクリームで手のマッサージもすることでより効果も高まるでしょう。

またオフを自分でする人もいますが、適切な方法でないと爪を痛めてしまうのでプロにしてもらうことも大切です。

 

ジェルネイル後に爪の長さが気になるときはどうするの

施術後に爪を削りたくなることもあります。

この時には自分で削ってしまう人もいるかもしれませんが、できれば自分のケアは避けましょう。

セルフケアをすることで剥がれやすくなる、浮いてしまう原因ともなります。

お店で相談することで、サロンによっては無料でお直しをしてくれるところもあります。

 

まとめ

お店に行くときには、2~3mm程度の長さがあれば安心して施術を受けることができるでしょう。

長すぎる分にはサロンでカットをしてくれます。

ただ、施術後3週間はカットが難しくなることを考慮して長さを調節します。

適切な長さで施術を受けて楽しい時間を過ごしましょう。

 

 

 

 

関連記事