コレナレ!お役立ち情報!
人間関係

喪中の誕生日メッセージはどうしたらいいの?

mourning

喪中の誕生日メッセージはどうしたらいいのかと悩んでしまいますが、大切なのは相手の気持ちです。

相手の気持ちをよく考えた対応であれば良いお祝いをすることができます。

ここでは、喪中の誕生日のお祝いについて解説します。

良い対応の仕方を知ることで、お祝いだけでなく相手を元気づけてあげることもできるでしょう。

 

喪中に誕生日メッセージを送っても大丈夫?

喪中に、誕生日メッセージなどを送っても大丈夫なのかと気になりますが、この時には相手の気持ちをよく考えることが大切です。

喪中期間には、忌中と喪中があります。

一般的に忌中期間は四十九日とされ、この期間は故人を弔うのが目的なので、むやみな外出を控えることが良いとされています。

また、この時期はお通夜や葬式、葬儀の準備などで忙しいタイミングでもあります。

そのため、このタイミングでのお祝い事は控える方が良いでしょう。

忌中期間が明けると外出をするのも良いとされていますが、この期間になっても、相手の気持ちが落ち着いていないこともあります。

誕生日を祝ってあげたいと自分の気持ちだけで行動するのではなく、相手の状況もよく確認した上で、相手の気持ちが落ち着いているようなら誕生日のメッセージなどを送ってあげると良いでしょう。

 

喪中の誕生日メッセージの「おめでとう」は控える

誕生日はお祝い事の一つでもあり、「おめでとう」の言葉を添えてプレゼントを贈るのが一般的です。

しかし、喪中の人には「おめでとう」という言葉は禁句です。

プレゼントを贈る際にも、この言葉は避けて控えめにお祝いをするようにしましょう。

 

喪中の誕生日メッセージはどのように書いたらいいの?

遠方で生活している場合には、会えないけど誕生日メッセージを送りたいと考えている人もいるでしょう。

誕生日のメッセージでは、「おめでとう」という言葉は定番なのですが、この言葉を使えないならどのように書いたらいいのかと悩む人もいるかもしれません。

しかし、この言葉を使わなくてもお祝いの言葉を送ることはできます。

「誕生日おめでとう」ではなくて、「今日は誕生日ですね」と書きます。

その後に、「良い一年が送れますように」、「今度一緒に食事をしましょう」、「生まれてきてくれてありがとう」など、一言だけ気遣いの言葉を添えるだけで良いメッセージを送ることができます。

 

喪中を避けて時期をずらしてから誕生日メッセージを送るのも良い方法

喪中は、誰でも気持ちの整理がつかないものです。

そんな時に、誕生日だからと無理にお祝いをしようとするのではなく、時期をずらして気持ちが落ち着いた頃に盛大に祝ってあげるのも良い方法です。

お祝いをしてあげることで、落ち込んでいた人を元気づけてあげることもできるでしょう。

誕生日にお祝いをするのが一般的ですが、このような時には、2~3ヶ月後など、時期をずらすことで良いお祝いをすることができます。

 

喪中の誕生日メッセージは結局のところ相手次第

喪中に「おめでとう」という言葉は控えるべきですが、やっぱり自分の誕生日は祝ってほしいと考えている人もいます。

大切な人が亡くなったのは悲しいことですが、さらに自分の誕生日も祝ってもらえないのは寂しすぎると感じる人もいるようです。

このような人であれば、盛大に祝うということはできなくても、ささやかな誕生日会などを開いてあげると気持ちを落ち着かせることにも繋がるでしょう。

しかし、相手によっては、「こんな時に何を考えているの」と不愉快な思いをさせてしまう可能性もあります。

喪中の誕生日では、相手の気持ちや性格などをよく考えた上でお祝いをするようにしましょう。

 

まとめ

喪中での誕生日のお祝いは、ネットでも質問されて様々な回答がされていますが、喪中では、「おめでとう」という言葉、忌中期間は避けてメッセージを送るのが良いでしょう。

喪中でも友人や家族が祝ってほしいという気持ちがあるのであれば、誕生日会などを開いても問題ないでしょう。

良いタイミングでお祝いをすることで、相手を元気づけることができます。

関連記事