コレナレ!お役立ち情報!
生活

ヒートテックには寿命がある!寿命や活用法をご紹介

Tshirt

最近ヒートテックの保温機能が薄れてきたと感じる人もいるでしょう。

この防寒下着には寿命があり、寿命の延ばし方を知ることで長く着用することができます。

ここではどのくらいでヒートテックの寿命がくるのか、寿命の延ばし方、寿命がきたヒートテックの活用法について紹介します。

短時間で読める内容なので、ヒートテックの保温機能が気になる人は参考にしてください。

 

あなたはヒートテックに寿命があることを知っていましたか?

ヒートテックは人気アイテムの一つですが寿命があります。

販売当初は業績を上方修正するほどの人気で、今では店舗だけでなくネットや無料アプリでも手軽に購入することができます。

ネットやアプリは、天候やシステムの改修で多少遅れることもありますが、2~3日程度で自宅まで届けてくれて、外出する手間もないのでとても便利なサービスです。

この人気の防寒下着をヨレヨレになるまできている人もいるのではないでしょうか。

インナーとして使われているのでヨレヨレになっても人に見られることも少なく、そのまま着ている人が多いようです。

しかし保温機能には使用期限があります。

生地が劣化すると保温機能も薄れてしまうので、十分な保温機能を得たい人は捨て時や買い替え時期を知っておくことが大切です。

 

ヒートテックの寿命はどのくらい?

この防寒下着の寿命はどのくらいなのかと気になる人も多いことでしょう。

寿命といっても服としての耐久性のことではなく、防寒下着としての機能の寿命です。

防寒下着としての保温機能は早ければ1年程度が寿命です。

防寒下着は肌に密着してこそ保温機能を発揮するので、素材が伸びてしまい、肌との隙間ができていれば寿命ということになります。

ただ1年以上経過していても素材が伸びることなく肌に密着するようであれば十分に保温機能は期待できるでしょう。

 

ヒートテックの寿命を長くするコツをご紹介

せっかく購入したヒートテックですから少しでも長く着たいものです。

防寒下着の生地が伸びてしまう原因として洗い方や着る頻度があります。

洗い方が悪い、同じものを頻繁に着ていると寿命を縮める原因となります。

洗う頻度を減らせば寿命も延びるかもしれませんが臭いが気になることもあるでしょう。

生地が傷まないような洗い方をすることで長持ちさせることができますし、清潔さも保てます。

洗う時には手洗いが最も良いのですが、洗濯機を使う時にはネットに入れて洗うようにしましょう。

ハンガーにかけて干すと水分で伸びてしまうこともあるので乾燥機を使うことをおすすめします。

また一着だけ購入したのでは頻繁に着ることにもなってしまうので、2着以上購入して使い回しをすることで寿命を伸ばすことにもつながります。

 

寿命がきたヒートテックは掃除道具に再利用

まだ購入して1年程度しか経っていなくても、素材が伸びてしまえば保温機能を実感することができません。

そんな防寒下着を捨てるのはもったいないけど、他に活用の仕方がないと思っている人もいるのではないでしょうか。

そんな人は掃除道具として活用してみましょう。

ヒートテックの素材は掃除道具でよく活用されているスポンジのような素材でできていることが多いです。

そのため雑巾にするには最適な素材となります。何か活用法はないかと考えていた人は雑巾として生地を活用してみましょう。

 

寿命がきたヒートテックは重ね着に利用しよう

生地が伸びてしまうと保温機能が低下してしまいますが、1年程度で掃除道具にしてしまうのはもったいないと感じてしまいます。

そんなよれよれの保温下着は重ね着として利用をしてみましょう。

保温機能が高いこの下着は肌にピッタリなら一枚でも温かさを感じるのですが、冷え込んだ時にはこの下着だけでは寒さを感じることもあります。

そんな時に寿命がきたヒートテックを上から着ることで、寒さを感じにくくなります。

この防寒下着は重ね着をしてもモコモコしにくいので、寿命がきたヒートテックの活用法におすすめです。

 

まとめ

防寒下着は洗い方や着る頻度で早く寿命がきてしまうことがあります。

寿命がくれば機能を果たせなくなり、購入した時のような暖かさも感じられなくなるでしょう。

ヒートテックを冬場には欠かせないアイテムとして着用している人は多いですが、寿命がきている状態では思っているような保温機能を得ることができません。

寒さを感じることもなく快適な時間を過ごすためにも、ヒートテックの寿命を伸ばす工夫などをしてみましょう。

関連記事