コレナレ!お役立ち情報!
子育て

運動会のお弁当の唐揚げは前日に唐揚げを作るべき?

Fried chicken

運動会のお弁当では、前日に唐揚げをあげるべきなのかと悩みますが、前の日に作れば準備が楽です。

前日に作った唐揚げもちょっとした工夫で美味しく仕上げることも可能です。

ここでは、前の日に作ることをおすすめする理由、前の日に作った唐揚げを美味しくするコツなどを紹介します。

前日に作るべきなのかと悩んでいる人も、その悩みをすぐに解消することができるでしょう。

 

運動会のお弁当に入れる唐揚げは前日に作るべきなの?

運動会のお弁当では、唐揚げを当日に作るのか、前日に作るべきなのかで悩む人も多いです。

前の日に作るかどうかは、時間が経つと味が落ちる、腐ってしまうというものでなければ、前の日に作っても問題はありません。

唐揚げは、醤油やみりんなどにつけこみますが、長くつけていると肉が固くなってしまうので、下味をつけてから30分程度で揚げてしまった方が良いでしょう。

また、熱々のものを入れてしまうと、他の食材に影響して衛生的にも問題があり、前の日に作って冷ましておく方が良いです。

当日は何かと準備で忙しいので、前の日に作ることをおすすめします。

 

運動会のお弁当に入れる唐揚げは前日ではなく当日に作りたい!

どうしても当日に作って、サクサクを食べさせてあげたい人は、前の日に作って、当日は強火で軽くあげるだけというやり方もあります。

強火で表面だけをパリッと揚げるだけでサクサク感も味わえます。

その他にも、粗熱を取ってから一つ一つラップに包んで、空気を抜くようにジップロックに入れて冷凍保存をします。

当日に電子レンジで30秒ほどチンしてから、トースターで焼くことで美味しく作れます。

トースターで焼く時には、アルミホイルをくしゃくしゃにしてから広げてのせて焼くのがコツです。

これらの方法なら、一から作るよりも時間短縮ができて、忙しい当日でも美味しい唐揚げが作れます。

 

運動会のお弁当で前日に唐揚げをあげるかを決めたらレシピ探しのポイントを知っておこう

弁当作りになれていない人は、おかずのレパートリーがないことが悩みの人も多いですし、いつもとは違う弁当を作りたい人もいるでしょう。

この時には、事前にネットでレシピを参考にする人も多いです。ただ、このレシピでは、当たり外れがあります。

写真では、美味しそうに見えても、実際に作るとあまり美味しくなかったということもあります。

レシピを参考にして美味しかった料理は、レシピだけでなく、作者名を保存しておくことをおすすめします。

料理を紹介している作者名が「by○○」といった具合に表記されていることもあります。

一度作って美味しいと思った料理があれば、登録者の名前を保存しておくことで他の料理も参考にできて、色々な美味しい料理が作れます。

ネットを上手く活用して、子供が喜んでくれるような弁当を作りましょう。

 

運動会のお弁当に入れる唐揚げを前日に作っても美味しくするコツ

作り置きをしたいけど、あまり美味しくないのではと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし仕込みの段階で、青のりやゴマを混ぜて、味に変化をつけることで美味しく作ることができます。

また、味付けは塩コショウだけではなく、生姜などを入れることで爽やかさが広がって、走り回ったあとの子供も美味しさを感じやすくなります。

からあげ粉も、片栗粉と小麦粉の両方を使う、片栗粉とコーンスターチを使うなどの工夫をするとカリっと揚げることができます。

 

運動会のお弁当に入れる唐揚げを前日に作っても傷みにくくするコツ

暑い季節では、当日に作ったとしても料理が傷みやすいです。前の日に作ればその心配はさらに増すことでしょう。

唐揚げが好きな子供なら、がっかりさせることなく美味しい唐揚げを食べさせてあげたいものです。

そんな唐揚げを傷めにくくする方法が、甘酢あんかけを作ることです。これはお弁当屋さんなどでも活用されていて、酢を使うことで傷みにくくなります。

甘酢あんかけは好きな子供も多く、唐揚げを痛みにくくするだけでなく美味しく食べることができます。

 

まとめ

前の日に準備をすれば、当日のお弁当作りも楽です。

どうしても当日に美味しい唐揚げを作ってあげたい時には、軽く揚げたり、トースターなどを活用したりすると良いでしょう。

甘酢あんかけで傷みにくくなり、酢に入っているクエン酸で疲労回復効果も期待できます。

子供の好きな唐揚げを上手く作ることで、運動会をより楽しいものにしてあげることができるでしょう。

関連記事