コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

資格が鍵!ネットワーク技術者を目指すためは

Network

ネットワーク技術者の仕事をしようと思ったときに多くの人が真っ先に考えるのが、ネットワーク関連の資格取得ではないでしょうか。

ネットワーク技術者(ネットワークエンジニアともいう)や、ネットワーク管理者といった技術職は資格がものをいいます。自身が技術者としてどう優れているのかを客観的にアピールするために効果的なのです。

しかしネットワーク関係の資格の数は多岐にわたります。初心者でも十分取得できるものからその資格を持っていれば世界に通用すると言われるほど困難なものまで難易度は様々です。

そこで今回はこれからネットワーク技術者を目指す方のために、取得したほうがいい資格を難易度に分けて紹介していきます。まだ何も資格を持っていないという方は取得順の参考にしてください。

ネットワーク技術者と資格の関連性

資格が大事とは言いましたが、ネットワーク技術者になるためには必ず資格を取得しなければいけないという訳ではありません。栄養士や医者と違い、資格がなくとも確かな技術と知識さえあれば仕事が出来るからです。

技術と知識さえあれば、Windowsの設定変更から新しいプログラムの立ち上げまで全て自分で手掛けられるのがネットワーク技術者という職業です。ただしこれらの技術は目に見えないので客観的に証明ができません。

自己PRや自身のスキルを正しく周囲に伝えるためにはやはり資格が有利に働きます。企業側も優先的に有資格者を採用するため、スキルがあっても資格なしでは雇ってもらうまでの第一段階が突破できなくなります。

ですから今後の仕事をスムーズに進めるためにも資格は取得して置いて損はありません。むしろ数が多ければ多いほど自身のスキルの証明になります。

ではどのような資格が必要なのでしょうか。今回は難易度別に分けて紹介していきます。自分の実力を確認するという意味でも、取れるものから順番に取得していきましょう。


ネットワーク技術者に必要な資格(初級編)

以下の資格はネットワークの基礎がわかっていれば比較的簡単に取得できる資格です。まずはこれらの資格から取得を目指しましょう。

基本情報技術者試験

文字通りネットワーク技術者としての基礎的な知識を証明する資格です。内容はあくまで基礎的なものなのでそこまで難しくないですが、その分大きくキャリアアップするといった資格でもありません。

まずはこの資格の取得を目指し、ネットワーク技術者としての基礎を学ぶとよいです。この資格に合格できるようであれば最低限の知識は取得できているはずです。

CCNA

シネスコ技術者認定と呼ばれ設定を共有しているものの内、下位レベルの資格がこちらです。内容はネットワークの基礎や表示方法の設定等が主で、こちらもネットワーク技術者にとっては登竜門のような資格といえます。

この資格を取得していないと上位のシネスコ技術者認定の資格には挑戦できませんので、上を目指すのであれば必ず取得を目指しましょう。

これらの資格を取得できれば、ネットワーク技術者としてはスタートラインに立てたといえるでしょう。その後はより上位の資格に挑戦していきましょう。

ネットワーク技術者に必要な資格(上級編)

以下の資格を持っていればネットワーク技術者として一定の技量を持つことの証明となります。当然試験内容は非常に難しいですが、ぜひ合格を目指してください。

応用情報技術者試験

前述した基本情報技術者試験の応用晩になります。基礎的な知識や技術の他、情報の管理や経営を含めた応用的な利用方法についても出題されます。

基本情報技術者試験より記述式の問題が増える等理論的な回答を求められる場面が増え、それに応じて難易度も跳ね上がります。

その分この資格を有する人は、プロジェクトリーダーや経営戦略等より企画の中心にたった仕事を任せられることが多いです。基本的な資格を取り終えたらぜひチャレンジして下さい。

ネットワークスペシャリスト試験

この資格を持っていれば業界内で高い評価を約束されます。転職やキャリアアップにも大いに役立つでしょう。国内のネットワーク技術者資格の中でも最上位に位置する難易度の高い資格です。

技術者としての応用的な知識やスキルだけでなく、CPUの構成要素やパスワード等のセキュリティ面、システム開発にサービズマネジメントと多岐にわたる知識が必要です。

求められるスキルや知識が多いので、資格の取得を狙う際は多方面の勉強と実践を重ねるのが効果的です。

ネットワーク技術者に向けた資格取得のための対策

これらの試験に対する対策ですが、基本的に最上級の試験でなければ参考書や過去問で対応可能です。何度も反復し知識を付けることで確実に合格に近づくことができます。

そして上級で紹介したような高レベルの資格を目指す際には講座の受講をお勧めします。独学ではかなり厳しい部分もあるので、専門の人たちに教えを乞う事も時には必要になります。

試験の難易度は様々ですが、決して特別な学習内容は必要ありません。ただし一長一短で覚えられる試験でもないので、日々の仕事をこなしながら少しずつ勉強を重ねて自身のスキルアップに努めましょう。

最上位のネットワーク資格、CCIEについて

最後に紹介したネットワーク関連の資格の中で最も高難易度と言われているCCIEについてお話しします。

CCIEは前述したシネスコ技術者認定において最高位の資格です。実質的にネットワーク関連の資格の中でも最上位とされ、この資格がある人は海外でも一流のネットワーク技術者として認められます。

科目は7つあり、どれを取得してもCCIE取得者と認定されます。また筆記試験合格後にラボでの実技試験があり、両方に合格して初めて認定となります。

生半可な知識ではまず合格できませんが、この資格を取る事が出来ればネットワーク技術者としての未来は輝かしいものとなります。仕事をしながらスキルアップをしていき、最終的な取得を目指しましょう。

まとめ

ネットワーク技術者として実力を示すためには資格の取得が欠かせません。まずは基本情報技術者などで基礎を学び、スキルアップをしながらネットワークスペシャリスト等の上級資格を目指しましょう。

高難易度の資格になると、何年も仕事を続けながら勉強してようやく合格できるようなものもあります。しかしその分取得さえしてしまえば自身のスキルを証明する手段として一生涯利用することができます。

どうせ取得するならキャリアに繋がる資格をと思うかもしれませんが、大事なのは積み重ねです。取れる資格から順番に取得していくことで、最終的にはどこへ行っても評価されるネットワーク技術者になれるでしょう。

関連記事