コレナレ!お役立ち情報!
子育て

子供にエアコンは大丈夫?夏の夜の使い方をご紹介

Baby

子供がいると、暑い夏の夜にエアコンを使ってもいいのかと気になりますが、色々な工夫が必要です。

上手い冷房の使い方を知ることで、問題なく活用することができるでしょう。

ここでは、子供がいる時の夏の夜の冷房の使い方について紹介します。

手軽にできるので、子供に悪影響を与えることなく冷房が使えるようになるでしょう。

 

子供に夏の夜のエアコンは大丈夫?

真夏の夜に、寝汗をかきながら寝ている子供を見て、エアコンをつけてあげたいけど体には大丈夫なのかと気になっている人もいるでしょう。

これは状況で上手く使い分けをする必要があります。

夏では熱帯夜が続くことも多く、暑い部屋では熱中症になってしまうこともあります。

しかし、子供の内はたくさん汗をかくことで体温調節機能が発達するので冷房は控える方が良いとする考えもあります。

1日中冷房の効いた部屋で過ごすのは、体温調節機能の発達の妨げになることも考えられますが、寝苦しい夜だけ使う程度であれば成長に影響することはほとんどないので冷房を使っても問題はありません。

昼間は水浴びなどを上手く活用しながら汗のかく機会を増やし、体を休めるための夜だけは冷房を使って寝やすい環境を作ってあげると良いでしょう。

 

子供がいる時にはエアコンの設定温度はどのくらいにするのがいいの?

夏の夜の冷房の設定温度は26~28℃、湿度は50%以下が快適とされる目安です。子供がいる部屋でもこの温度と湿度を目安に設定します。

タイマーを使う時には27℃に設定して、就寝する1時間前から3時間タイマーにします。

つけっぱなしで寝る時には、設定温度は28℃以上に設定して、除湿モードにすると良いでしょう。

寝る時に冷房を切りたい人は、設定温度を26℃にして、部屋の中をしっかりと冷やしておくことで寝やすい環境が作れます。

温度を上手く設定することで、体の冷やしすぎを防ぐことにもつながります。

 

子供のためにエアコンを使う時には温度設定以外の工夫もしよう

設定温度を28℃に設定すると、寝苦しいと感じる人もいるかもしれません。

この時の暑さ対策では、扇風機を上手く活用してみましょう。

扇風機の風を直接体に上がっていると冷えすぎの原因となりますが、風を壁に当てて空気の流れを作ることで、設定温度が高い部屋でも十分に涼しさを感じることができて、冷え過ぎが気になる冷房対策にもなります。

また、エアコンの内部が汚れているとカビやホコリを部屋中にまき散らすことになります。

このカビやホコリは、せきや喘息、アレルギーの原因ともなることから、フィルター掃除などはこまめに行うようにしましょう。

エアコンの掃除はアレルギーの予防だけでなく、エアコンの効きもよくなるので電気代の節約にもつながります。

寝具も通気性のよいものにすることで涼しさを感じやすいです。パジャマをメッシュ素材や薄着にする、リラックスできるステテコに履かせるのも良いでしょう。

リラックスできるステテコはサイズアウトしにくいので、成長の早い子供にも最適です。

熱帯夜であれば氷枕やアイスノンなどの保冷剤を活用するのも良いでしょう。

ただ、このようなアイテムを赤ちゃんなどに使う時には冷えすぎの原因になるので、定期的に様子を見ることが大切です。

 

子供は大人よりエアコンで体が冷えやすい

冷房を使う時には、自分の体感温度で温度設定をしている人も多いことでしょう。

しかし大人の目安で温度設定をすると、子供の体には冷えすぎになることもあります。

子供は温度調節機能が成長途中ですし、大人よりも筋肉量が少ないためにとても冷えやすいです。

子供がいる時には、自分の感覚で温度設定をするのではなく、温度設定の目安を参考に温度設定をするようにしましょう。

 

エアコンで冷えすぎたどうかは子供の体を触ってチェックしよう

冷房が効いた部屋にずっといると、体がだるいと感じる人もいるでしょう。

これは、冷房によって体が冷えることで体が温まりにくくなり、疲労物質がたまりやすいことが原因の一つのようです。

体が冷えすぎるとだるさだけでなく頭痛や食欲不振も起こします。これは大人だけでなく子供にも起こる症状です。

そのため、夜だけ使う場合でも、一度は子供の体が冷えすぎていないかをチェックすることをお勧めします。

チェックする方法は簡単で、子供の腕など体に触って冷たいと感じれば冷え過ぎのサインです。

冷えすぎのチェックを活用しながら冷房の使い方を工夫しましょう。

 

まとめ

夏の夜は子供の体が冷えすぎたり、体温調節機能の発達の妨げになったりするのではと心配になりますが、夜だけ使うなら問題はないでしょう。

ただ、冷房が効きすぎると良くないので設定温度は26~28℃に設定します。

温度だけでなく、扇風機を活用したり、エアコンの掃除をこまめにする、涼しさを感じやすい素材の寝具にしたりすることも良い方法です。

子供は大人より体が冷えやすいので、肌に触るなどしてチェックもすると良いでしょう。

上手く冷房を使うことで睡眠の妨げになる暑さも解消できて、夏の夜も快適に過ごすことができるようになります。

関連記事