コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

アパート経営に資格は必要?あれば役立つ資格とは?

ビル

不動産経営にご興味がある方の中には、必要な資格についての疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

アパートやマンションを経営する際には、いったいどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

そんな不動産経営についての情報についてまとめてみました。

アパート経営に資格は必要なの?

アパート経営には基本的に必要な資格はありません。しかし、アパート経営で収益を得るためには、やはり勉強をする必要があります。

勉強をする方法としては、セミナーへの参加や、テキストを使うなどがあります。

最近ではシェアハウスがブームとなっていることもあり、アパートやマンションの大家になりたいという方が多くみられます。

しかし実際大家になると、入居時、退去時のサポートや、トラブルの対応、建物の管理など、非常に多くの仕事をこなさなければなりません。

そのため、安易な気持ちで、少ない知識しかない状態で始めると後々の後悔に繋がることも。それを防ぐためにも、資格が必要ないとはいえ、最低限の知識は得ることをおすすめします。

では、アパート経営をする際に役に立つ資格とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

アパート経営の役に立つ資格とは?

アパート経営の役に立つ資格には、宅地建築取引士、ファイナンシャルプランナー、マンション管理士などがあります。

特に宅地建築取引士は、不動産経営はもちろん、不動産投資などにも役に立つ知識を得ることが出来ます。

不動産会社が説明するような内容をしっかり理解するためにも、資格を取得する目的以外の場合も勉強して損はないと言えます。

では、そうした知識があれば不動産の直接取引は法的に認められているのでしょうか?

不動産の直接取引はしてもいいの?

不動産の直接取引は、法的には特に問題はありません。しかし、トラブルを避けるために、初めに契約書類を作成する必要があります。

不動産のトラブルは、大きなお金が関わっている場合が多いので、解決までに時間がかかる場合があります。

そうした理由から、不動産の直接取引は世間に普及していないようです。

まとめ

アパート経営には資格こそ不要なものの、最低限の知識は得てから始める必要があります。

後々になって、もっとこうすれば良かった、などと思っても遅いので、しっかりと勉強し、必要な知識を得ることが大事。

アパート経営で失敗しないためにも、役に立つ資格は取得するに越したことはないのではないでしょうか。

もしくはすでに資格を有するメンバーを自分の投資チームに迎え入れ互いに利益を得ながらアパート経営事業を成長させる方法もあります。

成功しているアパート経営者は良いチームを持つ人がほとんどです。資格に焦点を合わせるよりも経営者としてチーム選びの目利きを極めるのが最短で効率の良い方法なのかもしれません。

※まずはプロの意見を集めるところからスタートしてはいかがでしょうか?無料個別相談などオススメのサービスはコチラです。
⬇︎
不動産投資用アパートについて個別相談

※まずは独学で勉強したいという方はコチラをどうぞ
⬇︎
すき間時間で手軽に学べるマンション管理士講座

関連記事