コレナレ!お役立ち情報!
趣味

暑気払いの時期はいつ?恒例行事も合わせて紹介!

Partying

夏場には暑気払いと呼ばれる時期があります。暑気払いには様々なイベントが開かれたり、会社でも飲み会が開催されたりと気を休めるのにはうってつけの時期と言えるのです。

しかしこの暑気払い、記念日のようにカレンダーでこの日の行事!と明確に表示されるものではありません。今まで特に意識していなかった人は今一いつの事を言うのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、暑気払いの意味や時期、行われるイベントなどを紹介していきます。今まで知らなかった人は、飲み会を開く口実にうってつけなのでぜひ一度目を通してください。

 

暑気払いの意味と時期は?

暑気払い(しょきばらい)とは、読んで字のごとく暑さを払うという意味があり、似た言葉の露払いとは意味が全く異なります。暑さを払い、弱った体や気持ちを持ち直そうという意味合いをもつ言葉となります。

この暑気払いには明確に決まった時期があるわけではありません。暑い時期であればいつでも利用していい言葉とも言えるので、主に夏場に利用することとなるでしょう。

とはいえ毎年気温が上がるタイミングはまちまちであり、同じ時期でも寒かったりすることもあります。では暑気払いを利用してイベント等を開こうと思った場合、いつ頃を目安にすればいいのでしょうか。

 

暑気払いにおススメな時期

明確に決まった時期こそないものの、一般的には季節の基準に照らしあわせた時期に使われることが多いようです。

例えば夏の始まりを意味する夏至は6月21日ごろです。対して夏の暑さが和らぐ時期は処暑と言い、8月の23日ごろを指します。これは納涼と同じような意味合いを持ちます。

ですから暑気払いのイベントや飲み会と言ったらおおよそこの時期を指し示す場合が多いです。会社でのイベントにせよ、飲み会の企画にせよこの時期を目安に行うと場違いにならないのでお勧めです。

続いて、この時期にかこつけた飲み会を開く際の口実や挨拶について紹介します。

 

暑気払いの時期に行う飲み会の挨拶は?

暑気払いに飲み会を開催する場合には、一般的に夏の暑さを乗り切る旨の挨拶が行われます。開始の挨拶には以下のようなものなニュアンスで話をすれば大丈夫です。

「厚くて気力がそがれる時期ですが、今日はたくさん食べて飲んで、この暑い夏を乗り切りましょう。」
「皆さん体調に気を付けながら、この夏を乗り切りましょう。」

飲み会の締めの挨拶も同様で、厚さに負けず頑張りましょう、と言った旨の内容を話すれば間違いないです。「まだまだ暑い時期が続きますが、体調に気を付けながらこの暑さを乗り切りましょう」

とにかく暑さを乗り切る旨の話をしておけば挨拶としては間違いありません。夏場の飲み会は気分転換にも最適なので、今までしていなかったのであれば一度開催してみてはいかがでしょうか。

 

暑気払いの時期におススメの飲食物

暑気払いの時期に特別食べる食べ物があるわけではありません。しかし夏場に食べるものなので、自然と冷たいものやサッパリして暑さを払えるものを食べるのがお勧めになります。

例えば体を冷やす効果のあるトマトやキュウリ、ナスなどの野菜は夏場によく食べられています。果物でいうならパイナップルやスイカ、キウイなどが同様の効果があり夏場に食べるにはお勧めです。

主食には冷たいそうめんやソバ、うどんなどがサッパリしていて夏場には好まれます。熱いものが悪いとは言いませんが、夏場はなべ物よりも冷たいものの方が食べたくなるのは当然と言えるでしょう。

飲み会を開催する際には、これらのメニュがあるお店を選ぶと喜ばれます。事前にいくつかお店をピックアップしておくと良いでしょう。

 

暑気払いの時期に行われるイベントについて

暑気払いの時期には、これらのイベントも開かれている場所が多いです。デートや家族で行くのにもいいので、もし近くでやっているようであればチェックしておくといいかもしれません。

ビアガーデン

一定の時期にだけやっているビアガーデンですが、特に夏場には、暑気払いの名目で各地で開催されます。屋外で冷たいビールを楽しめるので、夏の暑気払いに使うにはうってつけのイベントと言えるでしょう。

東京であれば、東京ドーム付近で毎年開催されているようなので、近場の人はチェックしてみてください。

納涼祭

夏場では、各地の公園や神社などを使って納涼祭を開催している所が多いです。ご当地ならではの催しも多いので、近くでどんな納涼祭が開かれているか調べてみるのも面白いでしょう。

夏場は気が滅入る時期なせいか、各地で様々なイベントが開催されています。自社の暑気払いに地元も祭りを利用するのもいいかもしれません。

 

まとめ

暑気払いとは、夏の暑さを吹き飛ばす意味合いを込めた時期であり、主に6月の末から8月の末の間で使われます。この時期には会社での気分転換の飲み会や、各地でイベントが多く開催されます。

暑気払いでの食事は、冷たくてさっぱりしたものが好まれます。体を冷やすトマトやパイナップル、キュウリであったり冷たいソバやうどんなどがあるお店をチョイスすると喜ばれるでしょう。

暑気払いの時期に開催されるイベントとしては、ビアガーデンや納涼祭が有名です。どちらも全国各地で行われる行事なので、近くで行われているものを調べてみるといいかもしれません。

暑気払いは国民の休日のような決められた日に行われるものではありませんが、夏の暑い時期で気分が沈んでいる時の息抜きにはちょうどいい口実となります。

今まで暑気払いをしてなかったのであれば、夏の社内行事に取り入れてみると、これまで以上に仕事がはかどるかもしれません。

関連記事