コレナレ!お役立ち情報!
生活

夜中の蚊の撃退法!効果的な7つの方法をご紹介!

mosquito

夜中の蚊の羽音って本当に耳障りですよね?!ウトウトしかけにあの蚊の羽音が聞こえると安眠できません。

今回の記事では、そんな耳障りな蚊の羽音で悩んでいる人に7つの効果的な撃退法をご紹介したいと思います。撃退法を知ることで、短時間で蚊を駆除することができるでしょう。

簡単な方法もあるので、すぐにでもあの嫌な蚊の羽音を聞かなくても良いように悩みを解消しましょう!

 

夜中の蚊を撃退する前にまず蚊の特性を知っておこう

夜中の蚊は、とても耳障りで、この季節になるといつも悩まされている人も多いことでしょう。

暖かい季節になると、蚊だけでなくダニやコバエ、ゴキブリなどの虫で悩まされることも多いです。

そんな厄介な虫を撃退するためには、まず特性をよく知っておくことが大切です。

産卵前のメスの蚊は、タンパク質などの栄養を摂取するために動物の血液を吸います。

この蚊が好む場所は、温度が25~30℃程度の暖かく暗い場所です。

また、二酸化炭素や汗の匂いなどに反応し、体温の高い人ほど刺されやすい、強い風がある場所では飛ぶことができないと言われています。

これらの特性をうまく利用して撃退することが大切です。

 

夜中の蚊を撃退する7つの方法

それでは蚊の特性を知ったところで実際の蚊の撃退方法をご紹介致しましょう。

撃退方法その1:テレビを使って引き寄せる

蚊は、温かい場所によってくるという特性があることから、羽音が聞こえたら、暗くした部屋の中でテレビをつけることで、テレビに蚊を引き寄せることができます。

テレビをつけて蚊が引き寄せられたら、テレビ周辺に殺虫剤をスプレーすることで簡単に撃退することができるでしょう。

撃退方法その2:扇風機をつける

蚊は、強い風の中では飛ぶことができないため、扇風機をつけるのも良い方法です。

扇風機を回している間は、蚊も近づくことができません。

撃退方法その3:寝る前に必ずシャワーを浴びる

二酸化炭素や汗の匂いなどに反応をすることから、寝る前にシャワーを浴びるのも良い方法です。

疲れている時には、お風呂にも入らず寝てしまう人もいますが、このことで蚊を引き寄せることにもなってしまいます。

撃退方法その4:虫除けスプレーやハッカ油を使う

どうしてもお風呂に入れない時には、ハッカ油を使ったりするのも良いでしょう。

ハッカ油は蚊が嫌う匂いとされていて、体だけでなく寝具や入り口などにスプレーしておくのも良い方法です。

撃退方法その5:ユーカリの精油をスプレーする

ユーカリの匂いもハッカ油と同じく蚊が嫌がる匂いです。精油をアルコールなどで薄めて寝具などにスプレーしておくと蚊対策の他にユーカリのアロマで安眠効果も
期待できるでしょう。

撃退方法その6:寝る前の飲酒を避ける

蚊によく刺される人は、体温が高いことが原因となっていることもあるので、寝る前の飲酒を避けることで刺されにくい状態を作ることも可能です。

お酒を飲むと血流が良くなり体温が上昇します。寝る前の飲酒を避けることで蚊にも刺されにくくなるでしょう。

撃退方法その7:枕元に酢を置いてみる

蚊がうるさくて眠れない時には撃退したいものですが、どうしても見つけられず撃退できないこともあります。

その時には、お酢をグラスなどに入れて枕元に置いてみましょう。

お酢の匂いを蚊が嫌うため、枕元に置いておくだけで蚊が近づくのを防ぐことができます。

 

夜中の蚊を撃退できるオススメのアイテム

羽音が聞こえて蚊を見つけても、うまく退治できなかったという経験をした人も多いのではないでしょうか。

殺虫剤をスプレーすれば簡単なのですが、この殺虫剤の匂いが苦手な人も多いです。

そんな人に人気となっているのが電撃殺虫ラケットです。

このラケットは電池式で、ボタンを押すだけで金属ネットに電流を流すことができます。

蚊を見つけたらこのラケットを近づけるだけで、蚊が飛ぶとネットにかかって簡単に撃退することができます。

このラケットを使えば、飛んでいる蚊にも対応可能です。このラケットは蚊だけでなく、ハエやクモの撃退にも使うことができます。

 

まとめ

蚊を撃退するためには、蚊の特性である温かい場所に引き寄せられるという特徴を利用して、テレビをつけるのが良いでしょう。

テレビに引き寄せられたら、殺虫スプレーや電撃撃退ラケットなどを活用して退治します。

退治することができなくても、扇風機や嫌いな匂いによって近づけないようにすることで快眠が得られます。

様々な蚊の対策法があるので、蚊がうるさくて寝れない時はうまく活用して、蚊に悩まされない環境を手に入れましょう。

関連記事